こうのとりの相談室〔お悩み相談〕

太っていたらなぜ妊娠しにくいのでしょうか?

ペイパーさんからの質問

Q.太っていたらなぜ妊娠しにくいのでしょうか?

肥満だと妊娠しづらいと聞きますが、太っていたらなぜ妊娠しにくいのでしょうか?


A.肥満は排卵障害など妊娠しづらくなるリスクの一つですが、それ以上に妊娠中のトラブルを招く原因となるため、妊活中に適正体重にしておくことが大切です。

まず前提として「太っている」というのは、いわゆる「美容体重」のことではなく、BMI値が「肥満」の値である、ということを指します。
BMI値が25以上の場合は「肥満」とされ、妊娠しづらい原因の一つとされています。

なお、適正体重は、BMI値が18.5以上24未満とされています。

※ BMI=体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)

なぜ肥満が妊娠しづらい原因となるのかは、

  • インスリン抵抗性が高くなり、排卵障害の一つである「多のう胞性卵巣症候群」を引き起こす可能性がある
  • 活性酸素が発生しやすくなり、卵子や精子の細胞の老化を引き起こす
  • 肥満が子宮内膜の脱落膜化を抑制し着床率を低下させる

などが、主な理由として挙げられますが、実はそれ以上に怖いのが肥満の状態での妊娠で、肥満のまま妊娠してしまうと、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、帝王切開分娩、死産、巨大児時の神経障害などのリスクが高まってしまいます。

逆に、「やせすぎ(BMI値が18.5以下)」もよくありません。やせすぎの状態だと排卵障害のリスクが高まりますし、流産率や低出生体重児、帝王切開率、産後うつ病が増加するとされています。

妊娠したからと言って、急に体重を管理するのは危険ですし、なかなかできることではありません。なので、安全な妊娠・出産のためにも、妊活中から適正体重を心掛けることが大切なのですね。


質問を募集しております

こうのとりの相談室〔お悩み相談〕では、皆様からのご質問を募集しております。

ほかの方の質問と重なる場合や、ご質問の内容によっては、お答えしかねる場合があります。
また、回答にはお時間をいただく場合がございます。
あらかじめご了承ください。

ニックネーム ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

メルマガ登録 ※必須
希望する希望しない

年齢 ※必須

ご質問内容 ※必須

ご入力内容をご確認のうえ、「送信」ボタンをおしてください。送信が完了するとながいきや本舗から自動返信メールが届きます。内容を確認次第お返事いたしますので、しばらくお待ちください。

関連記事

  1. 昨日移植しました。不安でいっぱいです。
  2. 不妊治療に通いながら仕事も続けても大丈夫でしょうか?
  3. 排卵誘発剤を使うと卵の数が急激に減りませんか?
  4. 妊活中にして効果があったことなどが知りたいです。

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP