不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

「血流をよくすれば、不妊治療のさまざまな問題が改善されます」vol.2 卵巣のお話

こんにちは。ながいきや本舗の松村です。
今日もながいきや本舗にお越しいただき
ありがとうございます!

今回も引き続き
「血流をよくすれば、不妊治療のさまざまな問題が改善されます。」の第二弾。

今日は卵巣のお話。

それでは早速いってみましょう!

=================================================

「血流をよくすれば、不妊治療のさまざまな問題が改善されます」vol.2

卵巣のお話

=================================================

★卵巣は冷蔵庫??

前回お話したとおり、血液には二種類あり
そのうち、代謝物や二酸化炭素を回収して
心臓に向かう静脈は
心臓から出て栄養素やホルモン、酸素を運ぶ動脈と比べて
冷たい血液です。

大切な卵巣は、その冷たい血の静脈の上にあります。
動脈はその奥ですので、冷たい血の方が卵巣のすぐそばを通る、
つまり、卵巣はつねに静脈によって冷やされる環境にあるのです。

よって血流が滞ると、卵巣に栄養素やホルモンがいきわたらないだけでなく
冷たい血が滞留するということですから、まるで冷蔵庫のように
ずっと冷やされつづける、ということになります。

これでは卵巣は機能せず、中の卵胞も育たない、ということになります。

★足先の冷えが卵巣を冷やす??

もうひとつは手先、足先の冷えです。

指先や足先には毛細血管が多く集まっています。
毛細血管の血流は、動静脈吻合や前毛細血管括約筋といった
弁のようなものでに調節されていて
寒冷刺激を受けると収縮して血流が悪くなります。

ですので、継続的にストレスや寒冷刺激を受け続け、収縮状態が続くと
再度毛細血管が拡張するのに時間がかかってしまい、「冷え」を感じるようになります。

これがいわゆる冷え性の原因ですが
指先や足先には毛細血管が多く集まっているため
特に冷えを感じる部分となります。

そして足先が冷えると
今度は足の裏の静脈と足の甲の静脈が冷やされ
冷やされた血液が太ももにある大腿静脈と合流して
骨盤の中にある外腸骨静脈となって心臓に戻っていきます。

この冷えた血液が集まった外腸骨静脈は、左右の卵巣の近くを通りますから
結果として卵巣を冷やす原因になるのです。

★卵巣の環境は左右違う??

ご存じの通り、卵巣は左右に一つずつあり、どちらもそのすぐ上を静脈が通っていますが
実は左右で静脈の流れ方が違います。

よってそれによって、左右の卵巣の環境も違うのです。

右の卵巣静脈はダイレクトに一番太い下大静脈にスムーズに流れ込みますが
左の卵巣静脈は下大静脈にダイレクトに流れず
少し距離がある腎臓からでる腎静脈に複雑に合流した後、下大静脈に流れ込みます。

この左の静脈の複雑な経路のために
左の卵巣静脈はうっ血を起こしやすく、そのため
より左の卵巣の方が環境が冷えやすい環境にあるといえるのです。

正直、卵巣がこんなに冷える環境にあるとは
全然知りませんでした。

特に卵巣がある骨盤内は
男性と比べ、卵巣や子宮など
女性の方が収まっている臓器が多く
そのため女性の方がより一層血流が滞りやすい地帯。

むかしから「冷えは女性の大敵」といいますが
その理由はこのようなところにあったのです。

今回はこれでおしまい。

卵巣を冷えから守らなくては、と
強く思っていただけたかと思います。

次回はいよいよ、ではその冷え=血行不良を解消するには
どうしたらいいか?

どうぞ次回もお楽しみに!!

関連記事

  1. 妊活ブログ:日本先天異常学会から葉酸サプリ摂取の呼びかけ
  2. 妊活ブログ:遠赤外線はなぜ血流に良いの?
  3. 疲れていませんか??
  4. うまくいく人とうまくいかない人の16の違い
  5. お知らせです!【今年もFine祭りが開催されます!】
  6. 妊活ブログ:脱落膜化と肥満
  7. サンマットFLLレンタル1週間 血流改善のサンマットはFLL型か?FL型か?
  8. 遠赤外線温熱治療器「サンマット」の選び方
PAGE TOP