不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

冬病夏治

こんにちは。ながいきや本舗の店長マツムラです。
梅雨が明けたとたん、せみの声、太陽の光・・・と夏満載な感じになりましたね!

湿度は相変わらず高いようで、昨日も夜になっても蒸し暑かった関西。
「暑いですね~」が合言葉のようになりましたが、都度、皆さん、実感がこもっています。

湿度が高いと、からだの中の水分がたまってしまい、あふれる分、流れが悪くなって
むくみや重だるさを感じる原因となります。

特に、現代社会は冷房社会ですので、だからと言って汗をかく環境が少なく
その余分な水分を出す機会に恵まれません。

なので、夏バテが深刻になっていくのですね。
また、その夏の不調は、秋、そして冬まで続く・・・という、とてもしつこいもの。

先日勉強した漢方でも「冬病夏治」という言葉を習いましたが
それは、「冬も慢性病や陽気不足の病気は、夏の養生によって好転する」という考え。

逆を言うと、夏元気じゃないと、冬不調でっせ!!ってこと。

汗をかくのは不快??
正直、その時はね。
でも、後は爽快のはず!

ここで、夏の養生ワンポイント!!

※ 湿気をためないように、天気の良い日には布団を干したり、部屋の通気を良くしておきましょう。

※ 胃を冷やさないように、冷たいものや生ものの摂りすぎに注意しましょう。
にら・ねぎ・しょうがなどの薬味を上手に使いましょう。

※ 暑さで体力を消耗したときは、お昼寝などの仮眠をとりましょう。気を回復させることができます。

※ 冷房による冷えは、思った以上に秋冬に響きます。首や腰、足首をカバーするように心がけましょう。

※ 水分はこまめに補給しましょう。食事中は消化液が薄まるので、水を飲むのはほどほどに。

ご参考になればうれしいです。

それでは最後に、涼しげなワンショットを♪♪

b7f3c4d293475301ef0ed7284d041fc8_s

(サメの裏側ですって!!)


メールマガジン

関連記事

  1. 妊活ブログ:からだを温める意味
  2. なかなか難しい・・・
  3. 脂肪酸シリーズ:2本の腕でつながっている不飽和脂肪酸には種類があ…
  4. 妊活だけじゃない!ビタミンCの威力【美容編】
  5. 植物は自分で自分を守っている!
  6. 卵管についての診断・治療 vol.1 卵管の不具合の原因
  7. 妊活ブログ:不妊治療を正しく知ろう
  8. 備忘録:リハーサルにて思うこと

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP