不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

夫婦のあり方

やっと「春」が安定してきたように思います。

もう冬みたいに寒くなったりしないよね。

逆にすぐ「夏」が来るかもしれません。

もうすぐGWだし。

*******************************

GWの予定、なにかありますか?

私は恒例行事のようになりましたが、少し旅に出る予定です。

うちの夫婦には子供がいないので、その点自由。

お互いに行きたいところも微妙に違うし
休みが取れるタイミングもずれたりするので
最近では、別々違う日に出発して現地集合、とか
私は少しあの街行きたいから、と
わたしだけ、別の地に寄ってから、あとで合流、とか
もう、一人旅か??という感じになってきました。

でもそれも、二人が大人だからできることだし
正直、子供がいれば、そんなことできない。

二人が自由に自分の好きな場所に行き、共有できるところは共有し・・・
と無理のない旅ができるのは、ありがたいことだな、と思います。

*********************************

夫婦二人だからこそ、いつ一緒に行動しなきゃいけない、
ということもないでしょう。

もちろん、二人でどんな時間も共有できるのは、素敵なことだと思う。

けど、うちの場合は普段の趣味も違う。

結婚当初は、合わせようと努力(?)したこともあったし
それで、自分もはまった!ということもあったけど
でも、やっぱりはまれないものは、はまれないのである。

うちの旦那も、自分の趣味を強要しないし、強要されるもの嫌いな人だから
年数がたてば自ずと、お互いに好きなことをして、単独行動も増えていくのです。

それが淋しいか??

正直、旦那の意見は聞いたことないけど、おそらくもうそんなことはないと思う。
もしかすると、初めは彼も夢見ていたかもね。
でも今は、あきらめた?

ただ、自分だって合わせようとする意志はないわけで・・・

だから、うちはこんな形でいいんだと思う。

*******************************************

夫婦の形については、実は今はいろいろあって
昔は、子供以外の理由で夫婦が別に暮らすなんてありえない!
という感じでしたが、今はそうでもなく
子供がいない夫婦でも、仕事の関係で別に暮らして週末だけ一緒、
という週末婚、月末婚、という方も、実は結構いらっしゃいます。

あるテレビで今「家族とはなんだ?」というキャンペーンが行われていますが
家族の形も多様化しているし、夫婦の形も多様化している。

社会の構図も変化しているのだから、昔はそれは「考えられないこと」だったことも
今では「それもありだよね」と一つの形として認識されることは
別に変なことじゃないし、もはや「良い悪い」の領域を超えている。

要は当事者たち、夫婦、家族のメンバーが、どう思っているかということ。

それぞれの構成員たちが、本当の気持ちをぶつけ合い、自分たちなりの
家族や夫婦の形を作っていければいいんだと思う。

ただ、気持ちも考えも変わる。多かれ少なかれ。それも当然。
だから、それはその都度、チューニングしていかないといけないとは思うけど。

夫婦のありかた。

家族のありかた。

結婚するか、しないか。

子供を持つか、持たないか。

いろいろな形があっていい。

実際はさておき、そう考えられるだけでも
恵まれた時代に生まれたな、と思って感謝です。

自然に家族が繁栄していきますように・・・

【Lucky Stone Bracelet】アベンチュリン
stone_menu9

関連記事

  1. 妊活ブログ:ミトコンドリアで卵子の若返り
  2. 妊活ブログ:男性の検査を考える
  3. 9月6日リプロダクションクリニック大阪妊活イベントに出展しました…
  4. 妊活ブログ:精索動脈瘤ってご存知ですか?
  5. 妊活ブログ:移植後の過ごし方
  6. 妊活 秋の実りに向けての養生
  7. 妊娠前から妊娠中まで、絶対に摂りたい栄養とは
  8. 不妊治療の負担軽減のため国会請願の署名をお願いいたします。

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP