不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊娠前から妊娠中まで、絶対に摂りたい栄養とは

「DOHaD説」について、以前このブログでご紹介しましたが

簡単に言うと「人の健康は胎児期から決まる」ということ。

さりげな感じですが、これはちょっと衝撃的です。

だって、私の今の健康状態は、50年ちかく前の
母親のおなかの中で決まっていた、ということなの??
ということですから。

☆以前の記事はこちら
「DOHaD説ってご存知ですか?」http://bit.ly/1EdPDZM

今回は、その続きですが
じゃあ、どんな栄養が必要なの??
ということが知りたいですよね。

それについても、早稲田大学総合研究機構研究院教授
福岡秀興先生は

☆葉酸  ☆ビタミンB12
☆ビタミンD  ☆DHA・EPA

を特にすすめていらっしゃいます。

これを見ると、そう、妊娠中だけではありませんね。
妊娠準備期間にも重要な栄養素です。

☆葉酸・ビタミンB12

これはもう言わずもがな、ですね。
葉酸は造血と核酸の合成や細胞の増殖のために必要な栄養素で
妊娠前から、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のために摂るよう
厚生労働省からも推奨されています。
また、妊娠中も胎児と母体の健康のために、引き続き摂ることが必要な
栄養素です。
ビタミンB12は、同じく造血のため、そして
葉酸の働きをサポートするので、一緒に摂ったほうが良い栄養素です。

☆ビタミンD

妊娠前にビタミンDが不足すると、AMHの値が低くなり
卵巣内の卵子が早く減る傾向にあったり
PCOSの場合、ビタミンDが不足している確率が高く
そこにビタミンDを補うと、排卵率が高まるという報告があります。

また、妊娠中にビタミンDが不足すると
骨のみならず、中枢神経系や免疫系の発育が阻害されるリスクが
増すことがわかってきました。

☆DHA・EPA

DHAもEPAも、オメガ3脂肪酸に含まれる物質で
青魚に多く含まれていますね。

オメガ3脂肪酸の役割としては

・ 血栓を防ぐ
・ 血中のLDL(悪玉)コレステロール値を低下させ、
  脳梗塞、心筋梗塞などの血管障害を予防する
・ アレルギー反応を抑制する
・ 脳神経系に高濃度で分布し、情報の伝達をスムーズにする
・ 脳の発育や視力の向上に関与している

といったことが挙げられますが
血栓を防いだり血管障害を予防することで、血流改善が期待できるので、
卵子の老化を防ぐことや子宮環境を整えること、
精子の劣化を防ぐことなど、
妊活には欠かせない要素につながっていきます。

また、妊娠中に魚類をたくさん食べた母親から生まれた子供は
IQが高くなるという外国の報告があります。
(あ、いいか悪いかは別、ね)

授乳中にもDHAもEPAを摂ると、子供の脳の発育に良い影響を及ぼします。

結局は、適量で、バランスの良くて
まんべんなく栄養が取れる食事が一番。

でも忙しくて、献立を考えるのも、食材をそろえるのも、
毎回毎回は無理、だったりするのが現実です。

そんな時には、サプリメントを利用するのも一考です。

毎回の食事を基本に、どうしても不足しがちな栄養素はサプリメントで。
そして、続けていきましょう。

続けることが、一番大切なのですから。

☆葉酸・ビタミンB12・ビタミンDなら「ISOLA いそら」

http://bit.ly/1EGI3HE

☆DHAもEPAなどオメガ3脂肪酸なら「オメガ3」

http://bit.ly/1QLjqSJ

【ご相談・お問い合わせはこちらへ】

E-MAIL : info@long-life.co.jp

電話 : フリーダイヤル 0120-496-333(平日9-19時)

関連記事

  1. 妊活ブログ:精子の質はどうなんですか?
  2. 妊活ブログ:妊娠にまつわる小さな疑問
  3. 妊活ブログ:それでもまだ夜更かししますか?
  4. 妊活ブログ:やせにくく太りやすいからだとは?
  5. 妊活ブログ:人工授精のタイミングは?いつ?
  6. 妊活ブログ:卵子提供について
  7. 「血流をよくすれば、不妊治療のさまざまな問題が改善されます」vo…
  8. 今日から心機一転!!よろしくお願い致します。

新着記事

年末年始のお知らせ

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP