不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:ミトコンドリアをもういちど

こんにちは。
神戸の老舗妊活サポート専門ショップながいきや本舗の店長で
不妊カウンセラーの松村恭子です。

ようこそ、妊活アドバイスブログへ!

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

最近、不妊治療の領域で注目されているのが「ミトコンドリア」。

確か、中学校の生物の時間に習ったような???

あなたはご存知ですか??

正直、私はわかっているような、わかってないような、あやふやな感じなので(汗)

自分の備忘録としても、ここで「ミトコンドリア」について、まとめておきたいと思います。

ミトコンドリアってどんなもの??

「ミトコンドリア」とは、細胞の中にある小器官で、人間の60兆個の細胞の一つひとつに存在しています。

それも一つの細胞に、平均で2000個近くあるそうで、かなり大量です。

大きさは、直径は0.5μm程度ですが、形状は生物や細胞の置かれている条件によって様々で
球形、円筒形のものから紐状あるいは網目状のものまであり、長さが10μmに達するものもあるそうです。

構造は二重の生体膜からなり、ミトコンドリアDNAという独自のDNAを持ち、分裂・増殖しながら
さまざまな生命現象にも関係しています。

卵子も精子も子宮内膜も、当然「細胞の塊」ですから、ミトコンドリアの影響をすごく受けている、ということですね。

だから今、不妊治療の中でも大注目されているのです。

ミトコンドリアの役割って??その1

ミトコンドリアの役割の一つは
「細胞や器官を動かすATPと呼ばれるエネルギーを作る」こと。

エネルギーを作って、器官の機能を活発化させる、ということでDすね。

でも残念なことに、このATPというエネルギーは、貯めておけません。
作った瞬間使われてしまうのです。

なので、からだの中でミトコンドリアは、エネルギーを作るために、毎日毎秒、絶えず一生懸命働いています。

でもやはり毎日働きづめだと、だんだんと疲れてきます。
休息できればいいけど、それができない。

そのうち、力尽きるミトコンドリアも出てくる・・・

よって、年齢とともにミトコンドリアの数が減ったり、機能が衰えてしまうのです。

ミトコンドリアの役割って??その2

ミトコンドリアの役割

もう一つのミトコンドリアの役割は、「細胞の代謝を指揮」すること。
細胞の代謝の中核をなしています。

なので働きづめでミトコンドリアが衰えてくると、新陳代謝がうまくいかなくなっていきます。

そして細胞の修復・再生もうまくいかなくなり、それが老化につながるのです。

このように、細胞の活性化のためには、ミトコンドリアの働きがとっても重要です。

でも残念なことに、一般的には自然に任せていると、
女性は30代後半から、男性は40代前半から、ミトコンドリアの数は急速に減ると言われています。

さあ大変!!どうしましょっ!!!!

でもね、少し安心してください。

実はこのミトコンドリアは、いくつになっても増やすことができるのです!

それも簡単に!!

その一番簡単な方法について、次回お話しますね。

どうぞお楽しみに♪♪

メルマガ登録説明” width=“600px

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須


関連記事

  1. 脂肪酸シリーズ:「油」と「脂」の違いって??
  2. 妊活ブログ:卵子の質を上げるには
  3. 妊活ブログ:熱帯夜には適切に冷房を
  4. やりがいボードを作りました!
  5. 妊活ブログ:卵管回帰説とは?
  6. 妊活中サンマットを使った方の感想
  7. 好奇心を持って
  8. 妊活ブログ:フリーラジカルと活性酸素

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP