不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活の救世主 L-シトルリンとは?

こんにちは。

神戸の島(!)にあるショップ、ながいきや本舗の店長で
不妊カウンセラーの松村恭子です。

ようこそ、妊活アドバイスブログへ!

ぜひ最後までお付き合いくださいね。


今日は、最近注目が高まってきた新しい成分をご紹介いたしましょう。

この成分は、妊活中のカップルの間でも、今話題になっているものです。

それが・・・

L-シトルリン

です。

L-シトルリンってなんの成分?

シトルリンは、なんと、スイカの成分です。

シトルリンは、消化、呼吸など、人間の生命活動を支えるために大変重要ななアミノ酸の一種で、
1930年に日本の研究者によってスイカから発見され、
スイカの学名Citrullus vulgaris(シトルラス ブルガリス)を取って
「シトルリン」と名付けられました。

日本では、2007年8月に厚生労働省から認可され、食品素材として利用できるようになりました。

L-シトルリンってどんな働きがあるの?

シトルリンは
体内で一酸化窒素(NO)の生成を高め、血管を拡張し
血流の流れをスムーズにする働きがある
ことが解明されています。

よって、冷え性改善やむくみ改善、男性機能の改善など、様々な健康作用が期待されています。

一酸化窒素(NO)ってなに?

一酸化窒素(NO)は「ガス」のイメージが強いかもしれませんが、1980年代から、からだへの
作用について注目されるようになり、1998年ノーベル医学・生理学賞を受賞した研究により、
NOが健康維持に重要であることが広く知られるようになりました。

NOは、日々血管内皮細胞から産生され、血管内皮機能を調節して、血管をしなやかに広げる働き
血管壁に血球やコレステロールが付着して狭くなるのを抑制する働きを持っています。

血管がしなやかに広がれば、血液の流れがスムーズになり、からだのすみずみまで酸素や栄養素、ホルモンが運ばれます。

また、血管の壁にコレステロールが付着することを防ぐことで、動脈硬化の予防にもなります。

L-シトルリンと妊活

先程述べたように、シトルリンには一酸化窒素(NO)の生成を高める働きがあることがわかっています。

つまり
一酸化窒素の「血管を拡張し血流の流れをスムーズにする作用」をサポートする、というわけですね。

妊活の分野においても同様で、血管がしなやかになり血流が向上することは
卵巣や子宮に必要な栄養素や酸素、ホルモンが行き渡り、不要な老廃物を回収するといった代謝がスムーズに行われるので
卵子・精子の発育、子宮内膜の着床環境整備には、非常に重要です。

加えて、最新の研究から、
一酸化窒素が着床や胎盤形成に重要な役割を担っている
ことが推測されています。

いかがでしたか?シトルリン。

なんと「スイカ」から発見(!)された成分ですが、健康の要である血管にとって、
非常に重要な成分である一酸化窒素を作るサポートをする、という
大変重要な役目をしている成分なんですね。

他にも「むくみ予防」「冷え改善」「アンチエイジング」など
女性にとっても嬉しい働きを、大いにしてくれるようです。

最後に・・・
「L」とは、アミノ酸の種類の一つ。

アミノ酸はL型とD型というものに分かれていますが
D型の方は、人間の体内で働くアミノ酸ではなく
人間のからだで働くアミノ酸は全部L型。

なので、アミノ酸の一種のシトルリンにも「L」がついたのでした。

ぜひこれから「L-シトルリン」に注目してくださいね!

関連記事

  1. 2016年1月:母
  2. サンマットFLLレンタル1週間 血流改善のサンマットはFLL型か?FL型か?
  3. 植物は自分で自分を守っている!
  4. 子育てと成長 ながいきや本舗
  5. 妊活ブログ:卵子凍結について
  6. 妊活ブログ:妊娠にまつわる小さな疑問
  7. 遠赤外線温熱治療器「サンマット」の選び方
  8. 妊活ブログ:卵子がたくさん採れたら、逆に減る?

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP