不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

冷えたからだと妊活 vol.1

こんにちは。
神戸の島にある妊活サポートショップ「ながいきや本舗」の店長、松村恭子です。

日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーとして、また
妊活アドバイザーとして、活動しています。

さて、秋の声を聞くと同時に一気に増えてくるのが
、「冷えたからだをどうにかしたい!」というご相談です。

冷えは女性の敵、と昔から言われていますが、
特に、妊娠のためには良くない、と不妊治療専門のドクターもおっしゃいます。

今回は、ここで改めて「なぜ冷えよくないのか?」「冷えるとどうなるのか?」など
「冷えたからだをどうにかしたい!」のご相談にお答えしたいと思います。

少し長くなりそうなので、2回に分けてお話しますね。

*******************************************************

Q.「冷えは女性の大敵」「冷えは万病の元」と昔からよく聞きますが、
妊活にも悪い影響を及ぼすのでしょうか。

A.結論から言うと、そういえます。

ながいきや本舗のお客様のほとんどが妊活中の方ですが
先日、アンケートをとったところ、そのうちの95%の方が、
夏を含め、一年中からだが冷えると感じていらっしゃいます。

Q. なぜ悪い影響があるのでしょうか?

A.それについてお答えする場合

冷えたからだが妊娠しづらい原因を作っている

という面と

妊娠しづらい原因があるからからだが冷える

という面の、両面から考えてみたいと思います。

Q ではまず、「冷えたからだが妊娠しづらい原因を作っている」とは
どういうことでしょうか。

A. 「冷え」というのは、血行不良の表れです。
つまり、血流が悪いから冷えを感じるのですね。

ちなみに「のぼせ」も血流が悪いから起こるものです。

「冷え」と「のぼせ」は、感じ方が真逆ですが、
実は二つとも「血行不良」が原因です。

ここで血流の役目をおさらいしてみましょう。

血流は、酸素や栄養素、ホルモンなど必要な物質を細胞に届け、反対に
細胞から二酸化炭素や老廃物なのど回収する役目を担っています。

なので、血流が悪いと、せっかくの栄養素も分泌されたホルモンも、
治療をしていたらお薬の効果も、卵巣や子宮に行き渡らない、
ということになります。

また、子宮は毛細血管のかたまりですので、血行が悪いと子宮内膜の成長が不十分になり、
ふわふわベッドのような環境を作ってあげることができません。
そうすると、妊娠の最後の関門である着床ができない
、ということになります。

つまり、なぜ冷えが妊活に悪い影響を及ぼすか?の答えは

「冷え」とは「血行不良」であり、血流が悪いと栄養・酸素・ホルモンなど必要なものが
卵巣や子宮に行き渡らなくなり、卵子がしっかり育たなかったり、着床がうまくいかなかったりする

からといえます。

Q.それでは「妊娠しづらい原因があるからからだが冷える」というのは、どういうことでしょうか。

A.不妊の原因の一つに「排卵障害」があります。

ご存知の通り女性の体温は、卵子が排卵にむけて育つ低温期と、排卵を境に、
着床にむけて子宮内膜が厚く豊かになる高温期とに分かれます。

ただ、排卵がなければ、高温期のはずの時期に差し掛かっても、体温が上がりません。
また、排卵があっても、排卵した後の卵胞から分泌される黄体ホルモンが十分でなければ
体温が十分に上がらなかったり、上がっても高温期が短かったりします。

このように、卵子が十分に育たない、排卵がない、などの「排卵障害」や、
それらが原因の黄体ホルモンの分泌不足などから、基礎体温が上がらないために
「からだが冷たい」「からだが冷える」と感じる
のです。

***************************************************

今回はここまで。

次回に続きます。

関連記事

  1. ながいきや通信読者の皆様へ!!!
  2. いろいろお話しましょう!
  3. 妊活 秋の実りに向けての養生
  4. 妊活ブログ:赤ちゃんの健康は妊娠前の食生活から
  5. 妊活ブログ:2月4日は風疹の日
  6. 元気の源は・・・
  7. 妊活ブログ:ビタミンDと妊活の関係
  8. Fine祭り2014in大阪にお邪魔してまいりました

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP