不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

血流改善効果が認められたサンマットの、よくいただく質問

こんにちは。

神戸の島にある妊活サポートショップ「ながいきや本舗」の店長、松村恭子です。

日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーとして、また妊活アドバイザーとして、活動しています。

9月の声を聞くやいなや、一気に涼しく、秋めいてまいりました。

それとともに、サンマットやサンマットレンタルのリクエストが急増しております。

さすが、妊活女性は敏感、アンテナが張り巡らされているようです。

レンタルの場合、ご注文後必ずお電話での事前打合せをさせていただきますのでその際、ご質問があればお受けしております。

その中で多いご質問や、他にもメールなどでよくいただくご質問をまとめてみました。

サンマットやレンタルをお考えの際の参考にしていただけると嬉しいです。


サンマットは一般的な暖房器具とどこが違うのですか?

Q1. サンマットは一般的な暖房器具とどこが違うのですか?

A1.

一般的な暖房器具は、皮膚の表面を温かくするだけで冷えの原因である「血行不良」を改善することはできません。

一方サンマットは、「血行不良の改善」を目的とした医療機器です。

単にからだを温めるものではなく、「血流が改善されたから、からだが温かく感じる」という順番になります。

その仕組みは、サンマットから発生する遠赤外線の波動と、からだから発生している波動とが、ともに振れ合う(共振)ことでからだの中に熱エネルギーを産出し、血流を良くする

というものです。

サンマットは皮膚だけを温めるものではないので、皮膚の乾燥などもありませんしとっても気持ちよく、まるで温泉に入っているかのようです。

サンマットは他にも、筋肉の痛みの緩和、疲労回復などのためにも使っていただくといいですね。

ながいきや本舗の店主は、ある事情で、あるスポーツを急激にやり始めてひどい筋肉痛を訴えていましたが、サンマットを敷いて寝ているうちにすっかりよくなった、と言っております。

Q2.ずばりFLL型とBS20型、どちらがおすすめですか?

A2.

血流を早くより安定的にしたければ、FLL型の方をおすすめします。

血流は全身のものです。また血流の鍵となる箇所は、首の後ろのぐりぐりのところ、肩甲骨、仙骨(お尻の割れ目付近)ふともも、ふくらはぎ・・・と全身にちらばっています。

ですので、FLL型のようなマットタイプの方が、全身を覆えますので血流改善が高いです。

またFLL型のほうが出力が断然高いので(FLL型120W、BS20型20W)パワーの面からも、FLL型の方がおすすめです。

ただ、「おなかだけが冷える」「太ももが冷える」「肩がこる」など部分的な冷えが気になる場合は、BS20型も一緒に使われると良いでしょう。

腰巻タイプですが、ベルトが付いていますので、たすき掛けにして肩付近に巻くことができ、急な肩こりには、私も使用しています。

肩こりから来る頭痛など、効果てきめんです!

Q3.どれくらいで効果が出ますか?

A3.

お人によりますがからだが温かくなった、とか、からだが冷たかったのが感じなくなった、など、体感としては2週間くらいで感じていただけると思います。

妊活のアシストとしては、これもお人によりますが、時間をかけて使っていただいた方が、ご期待に沿えやすいといえます。

ただ、何もしないよりは、サンマットを使った方が絶対血流がよくなります。

善は急げ!です。

Q4.FLL型、FL型、SL型のマットタイプはどうやって敷くのですか?

A4.

今お休みなのがお布団であれば「床・畳の上にサンマットを敷いて、その上にお布団」という敷き方になります。

通常、床・畳の上にマットレスを敷いて、その上にお布団を敷いていらっしゃる場合はマットレスが固いものであるなら「マットレスの上にサンマットを敷いて、その上にお布団」という順番になります。

マットレスがやわらかいものなら「床・畳の上にサンマット、サンマットの上にマットレスとお布団」となります。

今ベッドでお休みの場合、一番下が一般的なスプリングマットであれば「スプリングマットの上にバスタオルを敷き、その上にサンマットを置き、サンマットの上にお布団」という形になります。

いずれの場合も、サンマットの上に載せるものは、シーツ一枚などでは薄すぎますので、もう少し厚めのものの方がいいと思います。

なぜなら、サンマットはもともと直接寝るタイプではなく、必ず一枚上に何か載せて使っていただきますがサンマット自体は、塩化ビニールで包まれていて、そのままではゴツゴツした固い感じです。

なので、サンマットの上があまり薄すぎると、そのゴツゴツ感を感じて寝づらい、ということになります。

想定されているのは、昔ながらの和布団です。それくらいの厚みがあった方が、快適に寝られて良いかと思います。

Q5.サンマットの上に載せるものが厚いと、熱が通らないのでは?

A5.

厚さが3センチから10センチくらいのものであれば大丈夫です。

サンマットは「温度が高ければ高いほど良い」というものではありません。

ぬるいかな?と思うくらいの温度で、時間をかけて使っていただくのが基本です。

例えると「ぬるい温泉のような」温感・・・とにかく「気持ちが良い」と感じることも血流にとって大事です。

ですので、通常、目盛りの前半部分(1から5まで)で十分快適だと思いますがもし上が厚くて、物足りないようでしたら、目盛りの後半部分(6以上)に設定していただければ大抵のものは大丈夫です。


今回はメカ的なことが中心でしたが、他にもサンマットのレンタル制度についてのご質問もいただいておりますのでそれはまたメルマガでご紹介させていただきます。

また、サンマットレンタル後ご購入の場合は特典をご用意しております。

詳しくは、ながいきや本舗まで直接お尋ねくださいませ。

サンマットやレンタルについて、ご不明な点、ご質問などありましたらすぐにお電話ください!

貴方に合ったプランをご提案させていただきますのでお気軽にご連絡くださいね。

電話:0120-496-333 (フリーダイヤル 平日9-19時)
e-mail:info@long-life.co.jp

関連記事

  1. 妊活ブログ:葉酸は流産防止にもなりますか?
  2. 妊活ブログ:なぜ排卵誘発剤を使うのですか?
  3. ポイント10倍キャンペーン開催中です
  4. 元気の源は・・・
  5. 妊活ブログ:男性の冷えを考える
  6. 妊活ブログ:アグリコン型イソフラボンなら何でもよい訳ではありませ…
  7. 妊活ブログ:卵管を大切に
  8. 妊活ブログ:着床にかかわる卵管のはなし

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP