不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

卵子をしっかり育てるためには vol.2

こんにちは。
神戸の島にある、老舗妊活サポート専門ショップながいきや本舗の店長で
不妊カウンセラーの松村恭子です。

ようこそ、妊活アドバイスブログへ!

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

前回から「卵子をしっかり育てるためには」というお題で
お話させていただいておりますが、今回はその続きです。

☆前回はこちら → 卵子をしっかり育てるためには vol.1

卵子は残念ながら老化はしますが、そのスピードや程度は、人によって様々。
実年齢で一律にくくることはできません。

では、なぜそう違ってくるのでしょうか。

今回は、そのあたりをお話させていただきます。

卵子をしっかり育てるためにはどうしたらいいの?

まずは、前回の「卵子の老化の進む原因」の逆をすることが必要でしょう。

つまり、

バランスのよい食事を摂り、適度に運動をし、しっかり寝て、ストレスを溜め込まない

とうことです。

それぞれ具体的にお話しましょう。

卵子のための食事 食事

ホルモンの成分であるたんぱく質
からだのバランスを摂るビタミン・ミネラル
エネルギー源である炭水化物

をバランスよく適量食べましょう。

特に

☆ 抗酸化作用の高いビタミンC、ビタミンE
☆ たんぱく質や核酸の働きをサポートする亜鉛
☆ 性ホルモンの前駆体のDHEAと同じ分子構造を持つジオスゲニン
☆ 細胞のミトコンドリアを助けるコエンザイムQ10

などは、毎日適量摂るといいでしょう。

もし通常のお食事の中ではどうしても補えない場合は、サプリメントを活用すると効率的ですね。

卵子のための運動 運動

摂った栄養も、不妊治療のお薬の効果も、卵巣に届かなければ意味がありません。

なので血流を良くすることが卵子の発育には必要ですが、
そのためには適度な運動を習慣づけることが重要です。

だからと言って、急で過激な運動は必要ありません。

急激で過激な運動は、逆に卵子を老化させる活性酸素を発生させてしまうからです。

ウォーキングなどのゆるやかな有酸素運動がいいしょう。

しかし、血流にとって肝心な筋肉をつけるのには、継続して運動することが必要ですし
時間もかかります。

なので、血流を早く安定的にしたい場合は、
血流効果が認められた家庭用遠赤外線医療機器を利用するのもおすすめです。

卵子のための睡眠 睡眠

からだの修復と再生の時間が睡眠です。

特に、卵子の発育やからだの健康に欠かせないホルモンが一番活発に分泌するのは
午後10時から午前2時の間です。

なので、その時間を含め、しっかり寝ることが、卵子の老化を防ぐためにも大切です。

しっかり寝るために、先にからだを適度に温めておくといいでしょう。

湯船につかったり、温熱治療器などを利用すると効果的です。

また寝る前にパソコンやスマホを見たりするのは避けましょう。脳や目への刺激となり眠れなくなります。

今日はここまでです。

次回は、同じく「しっかり育てるためにはどうしたらいいの?」の続き。

というか、一番大切かもしれないことをお伝えします。

どうぞお楽しみに!

関連記事

  1. 妊活ブログ:男性にもある更年期障害
  2. 妊活ブログ:なかなか着床が維持されない時は
  3. 血流が悪いと精子も元気に育ちません。
  4. 妊活ブログ:世界で最も妊娠率の高い方法は?
  5. ステップダウン、あるいはフィニッシュ
  6. 今年一番泣けるコミックエッセイ
  7. 人の反応
  8. 暑い時期のサンマットの使い方

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP