不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:培養液の温度は?

こんにちは。
神戸の「島」(!)にある老舗妊活サポート専門ショップながいきや本舗の店長で不妊カウンセラーの松村恭子です。

ようこそ、妊活アドバイスブログへ!

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

さて、突然ですが、受精卵を育ててくれる大切な培養液の温度はどれくらいだと思いますか?

36.5度?

36.8度?

37度?

それとも・・・??

その答えは

↓  ↓

↓  ↓

培養液の温度

培養液の温度、その答えは【 37度 】です。

以前、日本不妊カウンセリング学会の養成講座で神奈川レディースクリニックの渡邉英明先生が

「インキュベーターやウォーマーなどで培養液を37度に保温できるように設定することが重要です。

顕微授精は温度の低下によって大きく影響を受けるので適切な温度管理は重要な条件。

よって当院では38-39度にウォーマーを温度設定することで培養液の温度を37度に保っています。」

とおっしゃっていました。

受精卵が育つ適温

このように、体外培養の適温は37度だということがわかりました。

ということは、つまり「体内」で卵子と精子が受精し分割していくためにも37度くらいの温度環境が大切ということになります。

方針はいろいろあれどどのドクターも口を揃えておっしゃるのが「冷えは改善しましょう」。

それは、受精卵が順調に育つためにも低体温の環境は不適合であるということがわかっておられるからでしょう。

人間の適正体温

医師の齋藤真嗣先生はベストセラーとなった「体温を上げると健康になる」というご著書の中で

「神様が定めた人間の体温は『37度』。」

とおっしゃっていますがそもそも本来、人間の体温は37度が適温です。

しかし、文明が発達し、生活が豊かになったため逆に自然からは遠く離れ更にもっと豊かになろうといろいろと頑張ってストレスにも耐えてでも結局今、からだが悲鳴を上げている。

その悲鳴の一つが「低体温」だったりするのかもしれません。

関連記事

  1. 妊活ブログ:シミは鉄不足の証拠
  2. 子育てと成長 ながいきや本舗
  3. 妊活ブログ:あなた独りではありませんよ!
  4. 2016年1月:空を見て思う
  5. 不妊治療の負担軽減のため国会請願の署名をお願いいたします。
  6. 9月6日リプロダクションクリニック大阪妊活イベントに出展しました…
  7. ながいきや本舗マツムラです。最近私が愛飲しているジュース♪
  8. 「血流をよくすれば、不妊治療のさまざまな問題が改善されます」エピ…

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP