不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:ある視点【からだが先か、クリニックが先か】その2

こんにちは。神戸の「島」(!)にある老舗妊活サポート専門ショップながいきや本舗の店長で不妊カウンセラーの松村恭子です。

ようこそ、妊活アドバイスブログへ!

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

「次回」と申してましたのに、間に別の投稿もあって、だいぶ遅くなりました(汗)

今回は、妊活ブログ:ある視点【からだが先か、クリニックが先か】その1 の続きで、「クリニックではなく自分たちで妊活をする、と決めた場合」について、考えていきたいと思います。

日常生活を見直す

日常生活を見直す

クリニックで治療をせず、自分達で妊活を行う場合は、まず、自分達の生活を見直すことから始めましょう。

◎ 食事(バランス、量)
◎ 睡眠
◎ 運動
◎ ストレス
◎ 冷え

少なくとも、この5項目については振り返り、不十分であれば改める必要があります。

なぜなら、最低でもこの5項目が、男女とも、妊娠に必要なホルモンの分泌や、細胞の活性化、抗酸化に大きく関わるからです。

実はこの5項目は、クリニックの治療をする、しないに関わらず、改善しなくてはいけないものです。

クリニックで治療をする場合、お薬を使うので、副作用と言う形でからだに負担がかかる場合があります。

その負担を軽減するためにも、そして、お薬の感度を良くし、お薬が少量で済むようにするために、この5項目の見直しが効いてきます。

逆に、クリニックで治療をせず、自分達だけで妊活を行う場合は、お薬を使わないので、からだへの負担は少ないですが、お薬による刺激もないので、それだけ時間がかかることが考えられます。

その時間を短縮するために、この5項目の見直しが必要なのです。

そして、精子も卵子も約3ヶ月かけて発育する、と言われています。

細胞の生まれ変わりも3ヶ月が一周期。

なので、5項目の見直しも、まずは3ヶ月かけて行っていただくと良いでしょう。

急がば回れ、です。

適切なタイミングを

自分達で妊活を行う場合、いわゆる「タイミング法」で行うことになります。

つまり排卵のタイミングに性交渉を行う、ということですが、排卵日予定日にだけタイミングを取ればよい、と思っていらっしゃいませんか?

それは違います。

実は、排卵日の2日前の性交渉が一番妊娠する確率が高い、と言われています。排卵日当日ではありません。

排卵した卵子の受精可能期間は10時間から24時間、とそう長くなりません。

一方、精子は射精されてから、48時間から72時間生きています。

卵子と精子は、卵管の卵巣よりの「卵管膨大部」というところで受精します。卵子が子宮のあたりに待っているわけではないのです。

精子は射精されると、うまくいけば、卵子との出会いの場所である卵管膨大部まで、1、2時間でたどり着けるらしいですが、それも精子の元気の程度によります。

こうして、卵子が生きられる時間と、精子がたどり着く時間は、どうしてもタイムラグがあります。

その上、そもそも「排卵日」というのは、予測はできても確定はできません。

基礎体温が一つの目安ではありますが、計り方、体調、気温、寝る時間、熟睡度合いなど、いろいろな条件・要素で変化し、あてになりません。
(最近の不妊治療専門ドクターの中には、基礎体温は不要、とされる方も多いです)

排卵検査薬もありますが、これもあくまでも目安。

例えば、黄体化非破裂卵胞(LUF)というのがあります。これは、卵胞が十分に発育しLHサージが起こり、排卵検査薬も陽性に出て、その後の黄体ホルモンも十分に分泌され、体温も上昇しているにもかかわらず、卵胞が破裂されず排卵できない状態です。一般的には、全女性の全月経周期の7%程度はLUFが生じるとされていますので、実は誰でも、年に1回くらいは起きているようです。

こうなると、排卵検査薬ではわかりませんし、そもそもタイミングが合っていても、排卵していないのですから、妊娠の可能性はありません。
なので、これを避けるためには、クリニックで超音波で卵胞をチェックしてもらうのがよいです。

話は少しそれましたが、いずれにしても、基礎体温も排卵検査薬も、排卵するかどうか、したかどうかの確実な目安とはなりません。

よしんばなったとしても、そのタイミングですぐに性交渉できるとは限りません。排卵は「夜だけ」というわけではありませんから。

ということは、排卵予定日の前に性交渉をして、精子をスタンバイさせておく必要があるのです。

なので、タイミングを取る場合は、生理が終わってから排卵予定日までの間、なるべく回数多く性交渉することが、妊娠の鍵となります。

できれば毎日、2日に一回、せめて3日に一回は行いましょう。

ちなみに、精子についても「あまり頻繁に射精したら薄くなる」と思っている男性が、未だ多いようですが、これも違います。逆に、頻繁に射精した方が、精子は元気になります。たまってしまった精子は、活きの良い精子を傷つけてしまうからです。

どうぞ安心してください。

・・・と今回も長くなってしまいました(汗)

本当は、次が一番言いたいことなのに、これ以上は長すぎますよね(涙)

尻切れトンボで大変申し訳ありませんが、大切なことは、次にとっておきますので、ぜひ次回も楽しみにお待ちくださいね。

関連記事

  1. 目線を上げて歩く先には・・・
  2. 妊活ブログ:男性にもある更年期障害
  3. サンマットの上でゆるゆる体操
  4. 妊活ブログ:タイミングはいつ?
  5. 妊活ブログ:男性ホルモンをしっかり出すためには
  6. 妊活ブログ:日本先天異常学会から葉酸サプリ摂取の呼びかけ
  7. 妊活ブログ:東京最大規模の妊活イベントのご案内
  8. 幸せってなんだろう?

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP