不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:シミは鉄不足の証拠

☆☆☆━━━━━━━━━━━━

シミは鉄不足の証拠

━━━━━━━━━━━━☆☆☆

鉄分は、血液を造る大切な
栄養素の一つであり
細胞のエネルギー産出に
不可欠なミネラルです。

また高い抗酸化作用も持っています。

ですので、鉄分が不足すると
貧血になると同時に、
エネルギーがうまく作れなく
なってしまい、卵細胞が健全に
成長するためのエネルギーが
十分に供給されなくなります。

また、
卵子にダメージを与える活性酸素を
消去するという抗酸化作用も
低下するので、卵子の老化を
進めてしまいます。

ところが、
ある不妊専門クリニックの
患者さんの9割が
この鉄分不足による貧血だとか。

女性は月経があるので
慢性的に血液量が足りないのに加え
吸収率の高い鉄分が多く含まれている
肉類をあまり食べない傾向にあるため
と考えられます。

通常、貧血かどうかは、赤血球中の
ヘモグロビンの量を見ますが、
体内の鉄は赤血球だけでなく、
組織鉄や貯蔵鉄としても存在するので
ヘモグロビンが正常範囲であっても、
貯蔵鉄が少ないと、ヘモグロビンが
減った時に、貯蔵鉄で補おうとしても
できないことになり、結果、
鉄が十分な量ではないために
血液が造られず、貧血となって
しまうのです。

なので、検査の時には
ヘモグロビンと貯蔵鉄である
フェリチンを調べる必要があります。

そして、潜在的な鉄不足に陥ると
以下の症状が出てきます。

・ちょっとした階段を登るだけで
 息が切れる
・だるい
・集中力がすぐ切れる
・肩こり
・関節の痛み
・皮膚や髪のつややはりがなくなる
・爪がもろくなる
・あざができやすい
・鼻血や歯茎からの出血
・シミができやすい

この中のどれかに思い当たるものが
あれば、もしかしたら鉄分不足かも
しれません。

まずは食事の中で鉄分が摂れるよう
心がけましょう。

鉄には、主に
肉・魚などの動物性食品に含まれる
「ヘム鉄」と
植物性食品や卵・乳製品に含まれる
「非ヘム鉄」の2種類があります。

ヘム鉄は体内への吸収率が高く、
非ヘム鉄は吸収率が低いという
違いがあります。

非ヘム鉄は良質なタンパク質や
ビタミンCやB群多く含む食品と
一緒に摂取することで、
体内への吸収率がアップします。

いろいろな食品を組み合わせて
鉄を効果的に吸収すること、
つまりは栄養バランスのよい食事が
何より大切なのです。

関連記事

  1. 卵管についての診断・治療 vol.2 不具合に対する検査方法
  2. 震えた言葉
  3. 妊活ブログ:着床しないと思ったら慢性子宮内膜炎検査
  4. 2016年1月:応援団
  5. 元気の源は・・・
  6. 妊活ブログ:2月4日は風疹の日
  7. 妊娠前から妊娠中まで、絶対に摂りたい栄養とは
  8. 妊活ブログ:妊活あれこれ

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP