不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:遠赤外線はなぜ血流に良いの?

こんにちは。神戸の島にある、老舗妊活サポート専門ショップ「ながいきや本舗」店長で不妊カウンセラーのマツムラです。

ようこそ、妊活ブログへ!ぜひ最後までお付き合いくださいね。

さて今回のテーマは「遠赤外線」。

ながいきや本舗では、遠赤外線温熱医療機器「サンマット」をご紹介しておりますが、それは主に、サンマットに血流改善効果があり、それが妊活にとって大変重要だからです。

血流によって、栄養も酸素もホルモンもお薬の効果も、すべて必要なものが、卵巣や子宮に届けられるからです。

なので、その血流が悪いと、せっかくのものが卵巣や子宮に届かないため、大変もったいない結果となってしまいます。

つまり、血流は妊活の基本中の基本、といえますが、その血流を改善するものとして、遠赤外線は昔から認められています。

ただそのしくみについては、あまり詳しく知られていません。

そこで今回は、遠赤外線がなぜ血流に良いか、勉強していこうと思います。

遠赤外線とは

太陽の光は、目に見える光(可視光線)と、目に見えない光があります。

目に見える光の中には、ものをあたためることができる光があり、それは可視光線の中の赤色のすぐ外にあることから、「赤外線」と呼ばれます。

さらに赤外線には「近赤外線」と「遠赤外線」に分けられ、波長が0.78μmから3.0μmの間を「近赤外線」、3.0μmから1mmを「遠赤外線」としています。

ちなみに「遠赤外線」の中でも10μm前後の遠赤外線を「生育光線」と言います。

どうやって血流を上げているの?

ここで、ヒトの肌の構造を見てみましょう。

ヒトの肌は、外側から順に「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の層状の構造をしています。

中でも「真皮」は、外側から約200μmのところにあり、「コラーゲン」という線維状のタンパク質がその大部分を占めています。

そして、その間を「ヒアルロン酸」などのゼリー状の基質が水分を抱えながら満たしています。これに「エラスチン」という線維状のタンパク質も加わって、肌に弾力を与えています。

さらに、血管やリンパ管、汗腺などがあります。

遠赤外線が肌に当たると、その遠赤外線のエネルギーは、真皮の部分で吸収されます。

そして、コラーゲンなどの真皮部分の分子の振動を活発にして(それを「共振」と言います)熱に変わります。

その熱が血液などにより体の内部(芯)まで効率よく伝わり、血流を改善し、からだを温めているのです。

特にサンマットは、遠赤外線の放射率が高くエネルギーを有効に放射できるセラミックスを利用しています。

また、その遠赤外線は10μm前後の生育光線なので、さらにからだに優しく有効なものです。

ですので、私たちながいきや本舗は、妊活にサンマットをすすめています

関連記事

  1. 植物は自分で自分を守っている!
  2. 妊活ブログ:東京最大規模の妊活イベントのご案内
  3. 2016年1月:シコーニャソックスが・・・【お知らせ】
  4. 妊活ブログ:卵子の質を上げるには
  5. 妊活ブログ:卵管回帰説とは?
  6. 妊活ブログ:ミトコンドリアで卵子の若返り
  7. 早朝、畑へ行ってまいりました!ただいま電話受付中です!!
  8. 妊活ブログ:着床前診断について【その2】

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP