不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:男性にもある更年期障害

こんにちは。神戸の「島」(!)にある老舗妊活サポート専門ショップながいきや本舗の店長で不妊カウンセラーのマツムラです。

ようこそ、妊活アドバイスブログへ!

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

いきなり私事で恐縮ですが、私は今年50歳。女性の「更年期」の目安は、45歳から55歳といわれているので、私は更年期真っ只中、と言えます。

更年期には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少してしまうので、それによってからだを動かしたり制御したりしている自律神経のバランスが崩れて、ほてり、冷え、発汗、頭痛、めまい、耳鳴り、精神的不安定、など心身ともに様々な症状が起きてきます。

それが「更年期障害」です。

ただその症状は人によって違いますし、症状の重い軽いも人によって違います。

そして女性だけでなく、男性にも更年期障害があるということは、ご存知でしょうか。

男性にも更年期障害がある

男性の場合は、男性ホルモンの「テストステロン」が大きく関係しています。

テストステロンの分泌は、20代が一番活発で、その後、加齢とともに減っていきます。

その減り方は、女性のエストロゲンほど急激ではないため、女性ほど大きく症状が現れることがないと言われていますが、現代社会はストレスフルでもあり、生活習慣も乱れがちなので、男性によってははっきりとした症状として出る場合も多くなってきました。

主な症状は、女性と同じような、ほてり、発汗、頭痛、めまい、耳鳴り、だけでなく、内臓脂肪や高血糖などのメタボ、イライラ、不安、不眠などの精神面、そしてED、朝立ちしない、性欲の減退も、更年期障害の一つの症状として挙げられます。

では、もし男性が更年期障害を疑う場合、何科の病院に行けばいいのでしょうか。

女性には婦人科がありますが、男性の更年期障害を専門に扱う科は一般にはないようです。

なので男性の場合は、疲労感なら内科、関節や筋肉の痛みや衰えなら整形外科、不安や憂うつなら精神科、性的な問題なら泌尿器科へ、とその症状によってクリニックを選ぶことになります。

また男性の更年期障害も、テストステロンの分泌の減少に伴う自律神経の乱れが問題でもあるので、自律神経の調節をサポートする鍼灸や、遠赤外線治療器を利用するのも有効です。

妊活男子の年代は、主に30代から40代。50代の方も多くなってきました。ということは、プレ更年期世代、もしくは更年期真っ只中、なのですね。

ただでさえ、一番働かなくてはいけない世代。ストレスも多いでしょう。また、一番大切な食事・運動・睡眠も理想的な形とは全く遠い、という方がほとんどなのではないでしょうか。

そこに加え、自然の摂理によるテストステロンの影響です。女性もそうですが、男性も同じように、いろいろな脅威にさらされています。

なので「最近、旦那さん、元気がないな・・・」と感じたら、それは仕事の忙しさだけではなく、更年期障害も考えられます。

男性の更年期障害は、そのまま妊活力の低下につながりますので、「おかしいな」と思われたまま放置しないで、早めに対応してくださいね。

☆自律神経の乱れや疲れの回復に
遠赤外線治療器「サンマット」

☆サンマットはレンタルできます。今なら半額です。
今ならレンタル料が半額 サンマットレンタル

関連記事

  1. 東京最大【妊活イベント2017】に参加します!
  2. 妊活ブログ:AMHは増やせる!
  3. 自分にLOVE
  4. 【ながいきや本舗】不妊カウンセリング学会で勉強してきました。
  5. 妊活ブログ:最近のご質問【サンマット】
  6. 妊活ブログ:男性の冷えを考える
  7. なぜ妊娠が継続しないか?
  8. 妊活ブログ:妊活・妊娠中のカフェイン摂取

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP