不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:ミトコンドリアで卵子の若返り

こんにちは。神戸の「島」(!)にある老舗妊活サポート専門ショップながいきや本舗の店長で不妊カウンセラーの松村恭子です。

ようこそ、妊活アドバイスブログへ!

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

本人の卵巣から採取したミトコンドリアを卵子に注入する自家移植治療を実施し、2人が妊娠した

先日、本人の卵巣から採取したミトコンドリアを卵子に注入する自家移植治療を実施し、2人が妊娠したと、というニュースが飛び込んできました。

この治療を実施したのは、「IVF大阪クリニック」「IVFなんばクリニック」「HORACグランフロント大阪クリニック」の院長の森本義晴先生が率いる研究グループ。

「卵子の質を改善するAUGMENT療法」として、「27〜46歳の女性25人を対象に卵巣の細胞を採取。うち6人でミトコンドリアを注入した受精卵を子宮に戻し、27歳と33歳の2人が妊娠した。」(毎日新聞記事から抜粋)

ただ、ミトコンドリアの移植が妊娠につながったかはどうかは、はっきりしていないそうです。

費用は今のところ250万円。なかなかの金額です。

日本産科婦人科学会は昨年12月、本人のミトコンドリアによる自家移植治療は、他人のミトコンドリアではないため問題は少ないとしつつ、「(効果や安全性を確かめる)臨床研究として行われることがふさわしい」としています。

開発した米企業のOvaScience社 社長兼CEOのHarald F.Stock(ハロルド・スットク)氏によると、カナダなど3カ国で270例以上実施され、約30の出産例があるとのことですが、日本国内では、生殖細胞への遺伝的な介入となることも考慮しながら、効果を確認すべく基礎研究を積み重ねる必要がある、という意見があります。

つまり現段階では、今回の自分のミトコンドリアを移植しての卵子の若返り療法は、本格的な治療ではなく、あくまでも「研究」です。

その治療法の有用性と安全性は、今まだ保証されたものではなく、現在それを確認し本格的な治療として処方してよいものか、検証の途中の段階です。

正直、大変高額です。

また、今回の成功された方の年齢は27歳と33歳。

どのような事情を抱えていらっしゃったのかは不明ですし、実際の妊活は実年齢ではなく、からだ年齢だと思いますが、単純に実年齢だけで考えると、生物としての人間の生殖年齢と言われている年齢です。

この治療法による妊娠かどうか、聞こえてくる情報だけでは判断しづらいところです。

ただ、この治療法を通して、ミトコンドリアの活性化が妊娠に大きく関係していることが、さらにはっきりしました。

現状を考慮すると、今は自家移植ではなく、自分の卵子の細胞のミトコンドリアを活性化する活動を行うことの方が、現実的かつ有効ではないでしょうか。

ミトコンドリア活性のためには、食事・運動・睡眠という生活の基本が大切

ミトコンドリア活性のためには、食事・運動・睡眠という生活の基本が大切です。

中でも「運動」「空腹」は、より活性化させることができますし、栄養素として重要なのはコエンザイムQ10です。

つまり

運動⇒空腹⇒バランスのよい腹八分の食事+コエンザイムQ10⇒十分な睡眠

というループ。

健やかな妊娠と出産と子育てのための一番の療法だと思います。

関連記事

  1. ながいきや本舗のゴールデンウィーク中の営業について
  2. 妊活ブログ:食事、食事っていうけれど・・・
  3. ホントにサンマットの季節がやってきたみたい・・・
  4. 妊活ブログ:カラダが冷えると・・・
  5. レースに出たぞ!
  6. 血流と妊娠力
  7. ながいきや本舗マツムラです。怒りの矛先は・・・
  8. 通りもんを食べながら・・・

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP