不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

備忘録:リハーサルにて思うこと

私のメルマガなどを読んでくださっている方は

すでにご存知かと思いますが

私は数年前からフラメンコを習っていて

今月その発表会があるために

5月あたりから

普段は週1回のレッスンのところ

週2回に増やし、プラス自主練で

なんやかんやと忙しく

そして精神的にも

だいぶ追い詰められてきました(汗x100)

とはいえ、私が踊るのは一曲のみ。

他のレッスン生の大半は

二曲・三曲と踊るので

曲数だけレッスンの数も

緊張の度合いも増えます。

もう考えただけでも緊張です。

きっと発表会が終わったら

その糸がぷっつりと・・・

どうなるか、わかりません。

******

一昨日、昨日はともに終日

リハーサルに費やしました。

自分の出番は一曲のみなので

ものの6.7分と大変短いものですが

初めのご挨拶や最後のご挨拶の

段取りを確認したりするので

結局はずっと参加。

そのお陰で、他のグループの演目も

観ることができます。

当然のことながら、レベルは様々ですが

私はまったくの初級レベルのため

出てくるグループ出てくるグループ、

ほとんど「素晴らしい」という感想しかありません。

健康のために始めたフラメンコですが

先輩方や先生の踊りを観ると

やっぱりもっと上手になりたい、と欲が出ます。

別にいまさらプロになるわけじゃないのにね、

と言わればそうなのですが

でも、あの曲が踊りたい!と

その時だけでも切実に思います。

******

踊りが素敵なのは

その人の技量ももちろんのこと

バックの方々のお陰でもあります。

フラメンコの場合は

カンテ(歌い手)

ギター

カポン(打楽器)

パルマ(手拍子。日本風とは違いますが)

ハレオ(掛け声)

などなど。

そういう方々がいて

踊り手の踊りは一層引き立ちます。

私のお世話になっている教室の先生は

発表会で演奏してもらうため

スペインから現役アーティストを呼ぶのですが

やはり本場のアーティスト、

我々の踊りはともかく

その歌、演奏だけでも聴きにくる価値があると思います。

そして

そういう方々の演奏をバッグに踊ったり

ずっと生で聴いたりできることが

本当にありがたいことだと

昨日しみじみ思ったのです。

今朝も録音させてもらった曲を聴きながら

なんだか涙が出そうになりました。

正直、他の方々の踊りを観て

なんで自分はこんなにヘタなんろう・・・と

猛烈な自己嫌悪に陥りますが

それ以上に

こんな私のために

一生懸命教えてくれる先生がいたり

歌ったり演奏してくれるアーティストがいる

ということの感動が強く

だからこそ、辞めないし

もっと上手になりたいと思えるかもしれません。

もちろんね、アーティストさんたちは

私個人のことは知りません。

でも、たとえ one of them であっても

私のグループのために演奏してくれる

イコール 私のため、でもあるんだと思うのです。

今回のお話に、特にオチはありませんが

感動の心持を覚えておきたくて

書いてみました。

フラメンコは実は

老若男女だれでもいつでも始められます。

今回の発表会でも、50代後半の男性が

黒一点で踊られますし

私のグループの最年長は67歳の女性。

すごく情感あふれる踊りをなさいます。

フラメンコは

その世代に合った踊りができます。

もちろん健康にもいいし、

ボケ防止になりますので

よかったら貴方もやってみませんか?

(これはイメージカットです)

427ff5b79710dbaf658f5dee5fe20172_s

関連記事

  1. 妊活ブログ:着床前スクリーニング 臨床研究を開始
  2. 妊活ブログ:あなたの子宮は大丈夫?
  3. 妊活ブログ:着床前診断について【その2】
  4. 妊活ブログ:培養液の温度は?
  5. 治療方法の選択
  6. 妊活ブログ:アグリコン型イソフラボンなら何でもよい訳ではありませ…
  7. 妊活ブログ:不妊治療を正しく知ろう
  8. 「血流をよくすれば、不妊治療のさまざまな問題が改善されます」vo…

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP