不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:体力がアップしたわけは?

こんにちは。神戸の「島」(!)にある老舗妊活サポート専門ショップながいきや本舗の店長で不妊カウンセラーの松村恭子です。

ようこそ、妊活アドバイスブログへ!

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

ご存知の方も多いかと思いますが、私マツムラ、こう見えても(?)フラメンコを習っておりまして、先日もその発表会がありました。

たまたま今回、楽しい感じの疾走感あふれる振り付けだったものですから、たった5.6分とはいえ、最後にはぜいぜい、はあはあ・・・

まるで全力疾走後のような感じでした。

また、これまたご存知かと思いますが、私はスタンドアップパドル(Stand Up Paddle 通称SUP)というマリンスポーツもやってまして、中でもタイムを競うレースに出ると、3キロ漕いだ後はやはり、ぜいぜい、はあはあ・・・

でも結局、踊りきれるし、漕ぎきれる。

その後の回復も早いと思います。また、年齢(もうすぐ半世紀!)の割には持久力があるほうかと・・・

もともとからだを動かしたりスポーツをするのは好きじゃなかったので、45歳くらいまでは、ほとんど何もしなかったのですが、最近はずっとこんな調子で元気!

なんでだろう??と自分で不思議に感じていたら、わかりました、その源が!!

それが「コエンザイムQ10」と「鉄分」だったのです。

エネルギーはどうやって作られる?

エネルギーはどうやって作られる?

ここで、体力の元となるからだのエネルギーがどうやって作られるか、おさらいしてみましょう。

エネルギーになる栄養素として有名なのは「糖質」ですが、エネルギーを作り出すために必要なのは、それだけではありません。

「糖質」のほかに「脂質」「たんぽく質」も必要ですし、なにしろ「酸素」が必要です。

これら「糖質」「脂質」「たんぱく質」「酸素」が細胞に運ばれ、最終的には電子伝達系という経路を経て、細胞内にあるミトコンドリアによって、エネルギーは産出・蓄積されます。

この「酸素」を運ぶのが、血液中のヘモグロビンであり、ヘモグロビンの材料が鉄。

そして、ミトコンドリアがエネルギーを作り出せるよう、その前の電子伝達系で働く酵素がもっと活性化するよう助けるのが、「コエンザイムQ10」という補酵素です。

体力の秘訣は?

体力の秘訣は?

つまり、鉄とコエンザイムQ10は、ミトコンドリアを活性化させてエネルギー産出能力を高めてくれる”グッドパートナー”

この二つの成分がコラボすることで、エネルギーがしっかりと作られ、体力もアップするというわけです。

「鉄」は血液を造るのに必要な成分でもあります。

女性は月経があるため、排出される分、余計に血液を造らなければいけませんが、通常の食事で、造血に必要は鉄分や葉酸といった栄養素を十分に補給するのが難しく、貧血気味な方が多いです。

実は、私もこう見えて「貧血」体質。

なので毎日、タンポポQ10とイソラに加えて、鉄分をサプリメントで補給しているのです。

つまり、タンポポQ10とイソラに配合されている「コエンザイムQ10」と「鉄分」で、気が付かない間に、エネルギーが作り出され、体力アップしていたようです。

持久力がついたわけも、これで合点がいきました。

逆を言うと、「最近体力がないな・・・」「なんだかしんどいな・・・」とエネルギー不足を感じる時は、もしかすると「コエンザイムQ10」と「鉄分」が足りないからかもしれません。

時々、ながいきや本舗にお電話を下さる方の中にも、しんどそうなお声の方がいらっしゃって、それが一番心配になります。

妊活も体力あってこそ。またエネルギーを作り出せる、ということは、細胞の活性化であり、老化防止です。

もっと体力がほしい!元気になりたい!!

そんな時は、コエンザイムQ10と鉄分を同時に摂ってみてください。

関連記事

  1. 「血流をよくすれば、不妊治療のさまざまな問題が改善されます」vo…
  2. 妊活ブログ:ドローインってなんだ?
  3. 備忘録:リハーサルにて思うこと
  4. 12月流れ星きらり -四柱推命 貴月紅妃先生からのメッセージ-
  5. 妊活ブログ番外編:ちょっとザワザワしたな・・・
  6. 妊活ブログ:インスリンってなに?
  7. 卵管についての診断・治療 vol.1 卵管の不具合の原因
  8. 妊活ブログ:ストレスの取説

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP