不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:からだを温める意味

こんにちは。神戸の老舗妊活サポート専門ショップ「ながいきや本舗」店長のマツムラです。
不妊カウンセラーとして活動しています。

今日も私マツムラの妊活ブログへようこそ!!

毎回、私マツムラのアンテナに引っかかった新しい情報、私自身がこれどうなの?と疑問に思ったこと、実際のお問い合わせ、などをご紹介しておりますが、今回は改めて「からだを温める意味」について考えたいと思います。

からだを温めるとは?

からだを温めるとは?

「からだを温める」と聞くと「着込む」「靴下」「カイロ」「入浴」「暖房器具」「電気毛布」など、いろいろと思いつきますが、そのほとんどがからだの「表面」を温める行為。

もしくは「自衛」。冷気から身を守る。そんなイメージですね。

でもここで言う「からだを温める」は、少し違います。

もちろん、からだの表面を温めたり、冷気から身を守ることも大事です。

でもやっぱり、からだの内側から良くしていかない限り、いたちごっこ。

「カイロが手放せない」「もこもこに着込む」「靴下を何枚も重ねる」などすっとやっていたら、それだけでもストレスになりそうです。

お洒落したくてもできない。そんな気持ちになったこと、ありませんか?

そのストレスも、またからだの内部の冷えに通じますから、悪循環ですね。

ここで言う「からだを温める」は、「副交感神経を優位にし、血流を改善する」ということです。

冷えとは血流が悪い表れ。血流が悪いから冷えるのです。

なので冷えを根本から解決するためには、血流改善が必要。

「からだを温める」=「血流改善」なのです。

からだを温める、その効用

からだを温める=血流を改善すると、臓器一つひとつが元気に働きます。

もちろん、子宮や卵巣も同じ。

なぜなら、血流によって栄養も酸素もお薬の効果も、すべてがからだの隅々に行き届くから。

それだけではありません。血流によって老廃物も回収されます。

結局、細胞は、栄養などのえさを与えるだけでなく、働いた結果出てしまう老廃物もきちんと回収しないと、立ち行かなくなってしまうのです。

それが「新陳代謝」であり、そうできないと、細胞は弱って死んでしまいます。

「届ける」「回収する」そのサイクルを血流が担っているのです。

そして、もう二つ重要なことがあります。

一つは、からだが冷える=血流が悪いと、外部からの攻撃に弱くなる、という点です。

つまり「免疫力が落ちる」ということ。

逆を言うと、血流がよくなると免疫力が上がり、病気に強くなるのです。

妊活においては「免疫力」はあまり話題に上りませんが、外部からの攻撃に弱いと、妊娠どころの騒ぎではありません。

人間にとって「種の保存」は大切な本能ですが、それ以上に大切なのは「自分が生き残ること」です。

自分の状態が悪いときは、次の世代のことより、自分が大事になるのです。勝手ですが、それが人間。

そう考えると、免疫力が弱いと、からだは勝手に自分を守ることを優先して、妊娠準備まで行き着けません。

もしくは、弱い力で外部からの侵略と戦いながらですから、妊娠準備にまわせるエネルギーが少ない。

そうすると、時間がかかりますね。

やはり妊活期間は短いほうが良い。そうするとやはり免疫力も大切です。

そして最後の一つは「活性酸素」です。

酸素は、人間の生命維持活動において必要不可欠なものですが、余分なものは逆に細胞を錆びさせてしまいます。

それが老化。

人間は毎日活動するので、どうしても活性酸素は発生してしまいますが、なるべく少ないほうがいいし、出たらそれを除去したい。

でも、からだが冷えた場合、

自律神経の交感神経の方が優位になる

血液中の白血球の「顆粒球」が増加

抗原抗体反応が低下

活性酸素が増加

と、活性酸素を増やしてしまうのです。

活性酸素が増えると、血流が悪くなります。

血流が悪くなると免疫力が落ちます。

つまりこうやって、悪循環が成立してしまうのですね。

からだを温める方法

からだを温める方法

それでは「からだを温める=血流を良くする」ためにはどうしたらよいでしょうか。

先程言ったように、からだの表面を温めたり、冷気から身を守ることも大事ですが、根本から血流を良くするためには、内部へのアプローチが必要です。

そのために一番有効なのは「筋肉をつける」ということです。

特に脚の筋肉は重要。脚の筋肉が血流のポンプの働きをしています。

なのでどうしても、からだを動かすことを定期的にやった方がいいです。

でもだからと言って、いきなりジムに行って何時間も運動しろ、というわけではけっしてありません。運動もしすぎると活性酸素を大量に作ってしまって逆効果。

良く言われるように「ウォーキング」が最適ですね。

次に重要なのは「リラックス」。

人間はリラックスすると、自律神経の副交感神経が優位になります。そうなると、

白血球の中の「リンパ球」の方が増加

抗原抗体反応が活性化

活性酸素が減少

と活性酸素が減り、血流がアップします。

血流がアップすれば免疫力がアップし、好循環のサイクルに。

つまり「からだを動かしてしっかり休む」これが血流を良くするために必要であり、血流が良くなればからだが温まり、冷えを感じることがなくなります。

もちろん血流が良くなれば、卵巣や子宮に必要なものが届けられ老廃物が回収されるので、卵巣や子宮の細胞の老化防止につながります。

ただこの現代社会、みんな忙しいです。

「からだを動かしてしっかり休む・・・わかっているけど、そんな時間がないんです!」というお声が聞こえてきそうです。

そんな時は文明の利器を利用しましょう。例えば、ながいきや本舗でご紹介している「サンマット」という医療機器です。

サンマット

「サンマット」は、遠赤外線効果+温熱効果、のダブルの効果で血流を改善する家庭用の医療機器です。

まず、からだから出る波長と遠赤外線の波長がともにふれあい、からだの内部で振動してエネルギーを作ります。

また、電気毛布などの一般的な暖房器具とは違った「まろやかな温感」で、からだをリラックスさせます。

つまり「からだを動かしてしっかり休む」が同時にできる、ということです。

時間がない。忙しい。早く治療の効果を上げたい・・・そんな時に最適です。ぜひ一度使ってみてください。

極端な場合、血流が止まる=死。

それほど血流は、妊活をはじめ、人間の健康にとって大切。基本の「キ」なのです。

関連記事

  1. 妊活ブログ:採卵数が少なく胚盤胞まで育ちません
  2. 妊活ブログ:ミトコンドリアってなに??
  3. 妊活ブログ:体重が減らないな、と思ったら・・・
  4. 妊活ブログ:ストレスとの付き合い方
  5. 日本は広い!
  6. 妊活ブログ:吸収型ってどういうこと??
  7. 足もとで冷えとり
  8. 不妊治療のお薬とは?

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP