不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:移植後の過ごし方

こんにちは。

神戸の老舗妊活サポート専門ショップ「ながいきや本舗」店長兼不妊カウンセラーのマツムラです。

ようこそ、妊活ブログへ!

どうぞ最後までお付き合いくださいね。

今回の話題は「移植後の過ごし方」について。

これについては、さまざまな意見がネット上を飛び交っていますね。

「ずっと安静にしていた」「岩盤浴に行った」「重いものを持ってしまった、心配・・・」など、当事者の方の体験談をたくさん見つけることができます。

でもありすぎて、どれが本当かわからない・・・

そこでマツムラもここでまとめてみようと思います。

いつも通りで

いつも通りで

結論から言うと、移植後も普段どおりで大丈夫です。

それまでおとなしく過ごしていたら、そのままおとなしく。

仕事があれば、仕事をする。

料理も洗濯も掃除も、普段どおり。

それでいいと思います。

移植後は着床時期ですが、自然妊娠の場合は、そうだと知りませんから、無意識に普段どおり過ごしますね。

それと同じです。

だから「血流が大切と聞いたから」と、急に岩盤浴に行かなくてもいいし、運動を始めなくてもいい。

ただ気をつけてほしいのは、からだを必要以上に疲れさせること。

気持ちの良い岩盤浴だったり、爽快な運動だったら、むしろ妊活にとって良いかと思いますが、からだを疲れさせるのは、やっぱりよくないです。

それは、受精卵や子宮の着床環境に直接悪い影響を与える、というよりも、エネルギーが足りなくなってしまう心配です。

だから、仕事も夜遅くまで残業するのは避けて、定時に上がったほうがいいと思います。

もし「しんどいな」と思えば、その日は家事はパスするとか。

要は、しんどいことはしない、ということです。

そう言う意味では、「そうはいっても、安静にしとかないと心配」であれば、安静にしておいたほうがいいでしょう。

重いものを持つのが心配ならば、持たないほうがいい。

不安も心配も、血行不良・ホルモン不足につながりますので、なるべく排除したほうがいいですね。

まとめると、ながいきや本舗の移植後の過ごし方のおすすめは

◎普段どおりで

◎からだを冷やすことは避けよう。

◎心の面でもからだの面でも、自分のしんどいことはしない、不安や心配になるようなことはしない。

◎自分が安心できる状態で過ごそう。

ご参考になれば幸いです。

移植後の性交

いつも通りで

移植後の性交については、避けた方がよいようです。

精液中のプロスタグランディンなどの作用で、子宮が収縮したり雑菌が入ってしまうなどで、妊娠が阻害され妊娠率が下がる可能性があります。

なお、移植前の性交は、精液が着床の「スイッチ」になっている可能性があるため、1、2回行うのが良いようです

関連記事

  1. ステップダウン、あるいはフィニッシュ
  2. 2016年1月:金婚式
  3. 少し自分のこと
  4. 続けることは難しいけど大切だ!
  5. ホットフラッシュとからだを温めること その1
  6. 足もとで冷えとり
  7. 卵子をしっかり育てるためには vol.2
  8. 妊活ブログ:それでもまだ夜更かししますか?

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP