不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:二人目を望む時に気をつけたいこと

こんにちは。神戸の老舗妊活サポート専門ショップ「ながいきや本舗」店長兼不妊カウンセラーのマツムラです。

ようこそ!妊活ブログへ。

どうぞ最後までお付き合いくださいね。

ながいきや本舗は2001年より、妊活サポート専門ショップとして活動していますが、この間、「一人目でお世話になったので、また二人目を・・・」と数年おいて、またたくさんの方が訪れてくださいます。

お二人目を望まれる理由は様々です。

「弟妹を作ってあげたい」、「一人目の子供に、赤ちゃんを望まれた」、「一人だと自分達に何かあった時に心配」、「天涯孤独にしたくない」などお聞きしますが、感じるのが、お一人目の時以上に、周りの意見や周りのことを考えて、止める止めないを、自分の意志だけでは決められない、ということ。

今いるお子さんに「弟がほしい」、「妹がほしい」と言われると、頑張ろうと思いますね。

また「自分達に何かあったときに天涯孤独にさせたくない」という思いは、お二人目こそ。

なので、お一人目と同じく、なるべく早く願いが叶うように、しっかり準備を整えておきたいですね。

その際に、気をつけたいことを考えてみたいと思います。

一人目の時とからだは違う

一人目の時がこうだったから、二人目も・・・というのは、必ずしも当てはまりません。

なぜなら、一人目の時と今では、からだが変わっているからです。

それは、時間の経過、つまり加齢、という意味でもありますし、子育てをしている今は昔と生活環境や習慣が全く違うでしょう。

食生活もお子さんに合わせて、昔とは違っているかもしれません。

このように、お一人目の妊活中と今は「全く」違う

そういう意識をまず持つことが必要かと思います。

断乳はしておこう

お乳を出すホルモン「プロラクチン」の値が高いと、からだは生殖よりも子育てができるための母体の健康を優先するので、妊娠しづらくなります。

なので、断乳をしてから二人目妊活に入ることになります。

子宮鏡検査をしておこう

二人目の妊娠を望む場合、また、不妊治療専門クリニックで検査を受けておきましょう。

先程言ったように、一人目の時とからだの状態が違っているからです。

さらに、慢性子宮内膜炎や子宮内膜ポリープの検査もしておくといいでしょう。

特に、産後熱が出た場合、子宮内の炎症が考えられ、それが着床しづらい原因になることがあります。

AMH検査もしておこう

AMH検査もしておこう

AMH(アンチミューラリアンホルモン)は、発育中の卵胞から分泌されるホルモンのため、その値は、たとえば薬を投与したとき、どれくらい反応するかを予測できるため、今後の治療法を立てる目安になる値です。

また、卵胞がどれだけ残っているか、の目安になるとも言われ、値が少ない場合は、早く治療を進めていくことが必要だとも言われます

男性の検査も

AMH検査もしておこう

男性の生殖機能は、女性ほど年齢の影響を受けないと言われていますが、とはいえ、男性のからだも自然の摂理に則り老化します。血流が悪くなり、エネルギーの産生量は減っていけば、当然、毎日作られる精子の数は減り、作られても力のない精子となってしまいます。

また、精子は毎日作られているからこそ、日々の生活の仕方やストレスなどの影響を大きく受ける、とも言えます。ということはつまり、からだの老化プラス、生活環境や習慣の変化によって、精子の状態が昔と違っている、ということです。

実際に、一人目の時には正常濃度だったのに、数年後の二人目妊活の時には、数百万に経ってしまっていた、ということも、めずらしくないようです。

なので、二人目妊活を始める際は、男性も再度精子検査を受けられることをおすすめします

最終的には、二人目妊活をどうやっていくか、クリニックに行くか行かないか、などは、ご夫婦の考え方次第です。でもやはり、一人目の時とからだも生活も違っているはずですから、一人目の時の事は参考にはなれ、それをそのまま踏襲するというのは、時間の無駄になる場合があります。

正直、女性においても男性においても、なるべく年をとらないうちに妊娠できた方が楽です。時間は大切です。

その時間を無駄にしないためにも、一人目の時とは区別して、改めてお二人で検査してからだの状態をチェックし、同時に、現在の生活習慣も見直してみていただきたいと思います。

最後に・・・

時々ですが、お二人目の妊活に一生懸命になられるあまり、今いるお子さんがその影響を受けておられる話をお聞きします。

例えば、薬のせいでイライラして子供に当たってしまう、とか、子育て・仕事・妻業・二人目妊活と四足の草鞋で忙しすぎて、子供の食生活などがおろそかになってしまう・・・などです。

また、二人目妊活にお金がかかり、今いる子供の教育費が心配・・・というご不安も聞きました。

「その子のため」の二人目妊活でもあります。そこは自分だけでは決められない、バランスの難しい問題だと思いますが、でも私は、やはり今いるお子さんが一番大切なのではないかと思います。

今いるお子さんが、いつも笑顔で健やかに過ごせるよう、そこを一番優先してほしいと思います

それが、ご夫婦にとっても、幸せな日々であると思いますし、それがまた妊活力を高めることでもあると思います。

どうぞ、あまり無理をなさらないで。

ご家族で、楽に穏やかに、二人目妊活をしていっていただきたいと願います。

関連記事

  1. 黄体機能不全の原因は卵巣血流の低下
  2. 妊活中サンマットを使った方の感想
  3. 不妊治療のお薬とは?
  4. ソックスで幸せ♪♪
  5. 妊活ブログ:精巣はインターネット、卵巣は書籍
  6. 妊活ブログ:胎児心エコー検査
  7. 妊活ブログ:腸と血流でhappyループを
  8. 妊活ブログ:あなたの子宮は大丈夫?

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP