不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:生理の量が少ないと子宮内膜は薄い?

こんにちは。神戸の老舗妊活サポート専門ショップ「ながいきや本舗」店長兼不妊カウンセラーのマツムラです。
ようこそ、妊活ブログへ!

今回も気になる妊活情報をお届けいたしますね。

さて今日のお題は「生理の量と子宮内膜の厚み」

実は昨日、立て続けにお二人の方からご質問を頂戴したのです。

「生理の量が少ないってことは、内膜が薄いってことですよね?」

生理の仕組み

理論的に考えると、生理の量と子宮内膜の厚みに相関関係があるといえます。

子宮内膜は、エストロゲンで厚みを増し、プロゲステロンで中が潤沢になる、という女性ホルモンに反応して増殖・成熟していきます。

その中身は、細胞や毛細血管、分泌腺などが含まれた組織です。

そして、影響を及ぼしていた女性ホルモンが低下すると、内膜の表面部分にあたる機能層という組織が溶けてはがれ落ち、出血が起こります。

その時に分泌される酵素によって、血液を固まらせる凝固因子が破壊され、血液と一緒に膣から体外に放出されます。

つまり、生理は子宮内膜がはがれ血液と一緒に排出されるシステム。なので、その間には相関関係があると推測できます。

生理の量を規定するもの

ただ「子宮内膜は10mmくらいあったのに、生理の量が少ない」というお声も、しばしば頂戴します。

これは上記の推測に矛盾しますね。

リプロダクションクリニック大阪の松林秀彦先生によると、生理の量を規定するものは、子宮内膜の厚さだけでなく血流、子宮収縮の程度、血液凝固の状態が挙げられるということです。

なので、次のことも考えれられるのです。

  • 血流が良ければ、子宮内膜がはがれた後の出血量は増え、血流が悪ければ少なくなる。
  • 子宮内膜がはがれた後に子宮内の血管がむき出しになった際、その血管を締めるのは子宮収縮。子宮収縮が悪ければ生理は多くなり、逆に収縮が良ければ少なくなる。
  • 血液凝固能が低下していると生理は多くなり、逆に、血液凝固能が亢進していて血栓傾向があると場合は少なくなる。
  • 子宮内膜が全部はがれていない。

このように、一概に「生理の量が少ない=子宮内膜が薄い」とは言えないようです。

内膜が薄いとダメなのか

内膜が薄いとダメなのか

妊活において関心が高いのが、内膜の厚さでしょう。

一般的には、受精卵を移植するには、子宮内膜の厚みが8mm以上がよい、とされています。

しかし実際は、8mm未満であっても妊娠している方がたくさんいらっしゃいます。

あるクリニックでは、子宮内膜が3.7mmで妊娠したと報告されています。

前述の松林先生は、ご自身のブログの中で「子宮内膜の状態(着床環境)が大切なのではないかと思います(子宮内膜が薄いと子宮内膜の状態が悪いことが多く、厚ければある程度カバーされるのではないかという推察です)。

とされています。

妊娠が成立するかどうかは、子宮内膜の厚みばかりではなく、子宮内膜の中身も重要です。

そのためには、食事・運動・睡眠の三大原則を日々充実させること、ストレスをなるべくためないようにすること、などホルモンのバランスを整え、血流を上げておくことが、やはり重要であり近道ではないかと思います。

参照:リプロダクションクリニック大阪 松林秀彦先生ブログ:
http://ameblo.jp/matsubooon/

両角レディースクリニック 両角和人先生ブログ:
http://ameblo.jp/kazutom/

関連記事

  1. 努力しても叶わないことなんて、たくさんある。だけど・・・
  2. 母乳と妊活
  3. 知っておきたい!ビタミンCの性質
  4. 妊活ブログ卒業??
  5. 人の反応
  6. 妊活ブログ:受精卵のグレードのつけ方
  7. 妊活ブログ:出版記念講演会のご案内
  8. 妊活中サンマットを使った方の感想

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP