不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:ストレスの取説

こんにちは。神戸の老舗妊活サポート専門ショップ「ながいきや本舗」店長兼不妊カウンセラーのマツムラです。

ようこそ、妊活ブログへ!今回もぜひ最後までお付き合いくださいね。
さて今回は「ストレス」についてのお話です。

先日不妊治療第一人者である、京都の田村秀子婦人科医院院長、田村秀子先生のお話をお聴きする機会がありました。

そのテーマが「ストレスに負けない不妊治療」だったのですが、のっけから田村先生が「ストレスをやっつけるものはない」とビシッと!

でも、やはりストレスは妊活には大きく関係しているので、「ストレスを回避し、ためない生活を心がけよう」そしてそのための方法を、いろいろと教えてくださいました。
少し長くなりますが、ご参考いただけると幸いです。

ストレスにもいろいろありますね。例えばパートナー。

ストレスにもいろいろありますね。例えばパートナー。

「妊娠」に対する考え方や思いは、男女差があって当たり前です。

もともと思考の傾向が違う上、女性は思春期の頃から生理があり、生理が妊娠の準備だと聞かされ、意識させられてきました。

でも男性は妊娠や父性を意識したり考えたりする機会がほとんどありません。

また父性と母性の性質も違い、母性=本能ですが、父性=理性です。男性の「自分が親である」という意識は、後からついてくるものなのです。

そして圧倒的に違うのが、からだの仕組みです。

女性のからだは、妊娠のためにいろいろなホルモンを分泌し生理を起こしますが、そのホルモンが、女性のからだに変調を来たしたり、イライラや不安などの感情の起伏をもたらしたりしてしまうのです。

これは仕方のないことです。

なので、男性は嵐が過ぎるまで待ちましょう。そして生理がきたら、やさしくハグしてあげましょう。

(マツムラ談:ここは<↑>旦那様に読んでいただきたいところですね)

また毎回の「妊娠できるかどうか」という心配が、もう相当なストレスですね。

また毎回の「妊娠できるかどうか」という心配が、もう相当なストレスですね。

でも残念ながら「妊娠の兆候」というものはありません。

なので「この反応はもしかして妊娠かしら?」「これは妊娠の兆候かしら?」など、常に「なにかあるんじゃないか」とからだを見つめてしまうのは止めましょう。

正直、女性の人生を通して「次の生理が来ない確率の方が低い」のです。つまり「生理はくる」と思っていた方が、楽です。

そしてストレスをためないためには、平常心が大切です。

目の前に、いつも「妊娠」というマークを置いておくと、ストレスがたまってしまいます。

私たちの人生の目的は「妊娠」ではなく、「楽しく生きる」ではないでしょうか。

子供がいないと人生が完遂できない、というわけではありません。

「人生」というジグゾーパズルの最後のピースは「妊娠」ではないのです。

過剰な不安も過剰な期待も、ストレスです。そしてストレスは決して卵子に良い影響を与えません。

でもどうしても落ち着かないときは、溜め込まず、思い切って喜怒哀楽を表現しましょう。

相手は一番身近で当事者でもある旦那様。

旦那様はその思いを受け止めてあげてください。そうすることで、よりいっそう夫婦の間の絆が深まります。

またストレス対策として、「独り言」もおすすめですね。

頭で考えるだけでなく「口に出して話す」という作業は、思考回路を一つにします。

話す相手がいると良いですが、いない場合、また話しても通じない場合は、「独り言」でもいいので言葉に出すようにするとよいですね。

ご夫婦で、子供のいない老後を話したことはありますか?
60歳になったときのご夫婦の日常を想像してみたことがありますか?

そんな時を楽しくワクワクと想像できるよう、お互いを理解しあうことが、とても大切です。

子供がいても、いずれ巣立ち、夫婦二人に戻ります。

夫婦二人になった時の二人の生活を想像し、それが素敵なものであるならば、それが未来への「担保」となり、余裕が生まれます。そして卵子のクオリティーも上がります。

不要なストレスを、あえて自ら持ってこないようにしましょう。

そして、夫婦でたくさん話し、時にはぶつかり、時には一緒に涙を流しながら、支え合い思いやりながら、妊活を送っていっていただきたいと思います。


もし周りに話せる人がいなかったら、どうぞながいきや本舗までお電話ください。

私、マツムラは不妊カウンセラーで、不妊治療や生殖についても勉強を重ねています。なので(医療的判断はできませんが)お話をお聞きすることができると思います。

でも、それよりもなによりも、すこーし先を行っていますが(汗)およそ同世代の同じ女性として、女子トークでもしませんか?

旦那のこと、テレビのこと、アイドルのこと、今の世の中のこと、などなど、どうぞ隣町のおばちゃんにお話する感じで、気軽にお電話くださいませ。

ストレスの取説は人それぞれ。自分に合った方法を見つけてくださいね。

▼お電話はこちらまで!
0120-496-333(フリーダイヤル 平日9-19時)

▼田村秀子婦人科医院
http://tamura-hideko.com/

メルマガ登録説明

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須

関連記事

  1. 妊活 秋の実りに向けての養生
  2. 妊活ブログ:腸と血流でhappyループを
  3. 卵子をしっかり育てるためには vol.1
  4. 血流改善効果が認められたサンマットの、よくいただく質問
  5. まつむらのひとりごと
  6. 卵子をしっかり育てるためには vol.2
  7. 2016年1月:空を見て思う
  8. 早朝、畑へ行ってまいりました!ただいま電話受付中です!!

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP