不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:葉酸は流産防止にもなりますか?

こんにちは。神戸の老舗妊活サポート専門ショップ「ながいきや本舗」店長兼不妊カウンセラーのマツムラです。

ようこそ、妊活ブログへ!

どうぞ今回も最後までお付き合いくださいね。

先日、「ながいきや本舗の葉酸サプリ」のモニターを募集したところ、大勢の方のお申込を頂戴しました。

その際、葉酸についていろいろご質問をいただいたのですが、中でも多かったのが「葉酸は流産防止にもなりますか?」というご質問でした。

今回はそれにお答えしようと思います。

葉酸は流産防止にもなるか?

結論から申しますと、はい、なります。

それはなぜか?

まず一つが「葉酸の摂取量が多いと流産のリスクが低下する」という報告です。

その報告は、アメリカのハーバード大学が実施した、女性看護師対象の大規模疫学調査「看護師健康調査Ⅱ」で、1992年から2009年にかけて過去に流産歴のない看護師女性11072人・総妊娠数15950回を対象に、妊娠前の葉酸の摂取量毎の流産率を比較したところ

  • 妊娠前から葉酸を摂取していた女性の流産率は、有意に低い
  • 最も流産率が低いのは、サプリメントから葉酸を摂取していた女性群
  • 葉酸を摂取していないグループの流産リスクを1とすると、葉酸サプリメントを最も多く摂取したグループの流産リスクは8に低下した

という結果となりました。

つまり、葉酸を多く摂取した方が流産のリスクが低下する、ということです。

でも、どうしてなのでしょうか?

葉酸とホモシステイン

葉酸とホモシステイン

葉酸を摂取すると流産のリスクが低下する理由は、葉酸がアミノ酸の代謝にも関わっているためです。

葉酸濃度が低下すると、悪玉アミノ酸と呼ばれている「ホモシステイン」の濃度が高まります

この「ホモシステイン」の濃度の上昇は、胚の生育障害や早産、流産のリスクが上昇することが知られています。

つまり、葉酸レベルが低下し、ホモシステイン濃度が上昇すると、胚の正常な発育が阻害されるリスクが高くなり、それが早産や流産につながってしまうのです。

妊活豆知識「葉酸の摂取」は妊娠前からでご説明したように、妊娠前から葉酸を摂取する第一の目的は「胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減」にあります。

しかし葉酸はそれだけではなく、流産のリスクも低減する作用があることがわかりました。

そうなると一層、葉酸の必要性が高まりましたね。

妊活、つまり、赤ちゃんがいつ来てもいい準備をすることでもあります。

受け入れ態勢を整えて、おなかの中から健やかに育てるためにも、ぜひ葉酸の摂取は続けましょう。

関連記事

  1. 猛反省
  2. 2016年1月:シコーニャソックスが・・・【お知らせ】
  3. 隣の芝生は青くない?
  4. 妊活ブログ:なぜ排卵誘発剤を使うのですか?
  5. 感情が先か、からだが先か
  6. NPO法人Fine祭りのご案内
  7. やりがいボードを作りました!
  8. 年齢のせいにしていませんか??

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP