不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

【速報】不妊・妊活に関わるAglyMax(R)(アグリマックス)の研究論文が新たに掲載

2017年9月、不妊活に関連する「AglyMax(アグリマックス)」を用いた新たな研究論文が「Clin.Exp.Obstet.Gynecol.2017;XLIV(4)」に掲載されました。

これまでの研究では、「AglyMax(アグリマックス)」の原料メーカーであるニチモウバイオティックスと東京医科大学婦人科教室(井坂恵一教授)との共同研究によって「AglyMax(アグリマックス)」が、受精卵の着床に重要な働きを持つ着床関連因子「LIF」(Leukemia Inhibitory Factor)の発現を増加させることが確認され、2011年12月に行われた第56回日本生殖医学会にて研究結果が発表されています。

本研究論文では、同教室との共同研究によって「AglyMax(アグリマックス)」が「LIF」の情報を受け取る受容体「mRNA」の発現を増加させることが確認された、ということです。

また過去の臨床試験では、平均不妊期間26.5ヶ月の不妊・不育に悩む女性35名(平均年齢34.4歳)を対象に、「AglyMax(アグリマックス)」を一日60mg(イソフラボンアグリコンとして20mg)を3ヶ月間摂取してもらった結果、35名中34.3%の12名が妊娠されたという結果が出ています。

「AglyMax(アグリマックス)」が不妊治療・妊活サポートの分野でさらなる有効性が期待されます。

関連記事

  1. 妊活ブログ:再考 抗酸化とは??
  2. 妊活ブログ:採卵数が少なく胚盤胞まで育ちません
  3. 木村さんバッヂを作ります!
  4. 血流が悪いと精子も元気に育ちません。
  5. 妊活ブログ:カラダが冷えると・・・
  6. 少し自分のこと
  7. 妊活ブログ:日本先天異常学会から葉酸サプリ摂取の呼びかけ
  8. 妊活ブログ:ビタミンB3(ナイアシン)が流産防止に!

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP