不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:人工授精のタイミングは?いつ?

こんにちは。神戸の老舗妊活サポート専門ショップ「ながいきや本舗」店長兼不妊カウンセラーのマツムラです。

ようこそ、妊活ブログへ!今回もぜひ最後までお付き合いくださいね。

さて今回は、人工授精のタイミングについてです。

人工授精については、すでに皆さんいろいろとご存知かと思いますが、それを行うタイミングについては、実はよくわかっていないということはないでしょうか。

人工授精を行うタイミングって?

人工授精は、実際にどんなタイミングで行われているのでしょうか。

いろいろと調べてみると、クリニックによって、「排卵日あるいはその前日」だったり「排卵日」とざっくりしていたり、「排卵2日前~排卵直前」と幅をもたしてあったり、と様々でした。

それらの話をまとめたのが、神戸の山下レディースクリニックの院長・山下正紀先生のお答えでした。すなわち

「最も有効なAIHのタイミング決定の方法としては、超音波のチェックで20mm前後の卵胞を認めた時点で

1.毎日尿検査を行いLHサージが検出できればできるだけ早くAIHを行う。あるいは

2.hCGの注射をして40時間後にAIHを行う。(午前中にAIHを行うならhCGの注射は2日前の夜)

それでもタイミングを捕まえることが難しい場合は、保険的に、推定排卵時期の前後に2日続けてやってみる」

というものです。

また、リプロダクションクリニック大阪・東京の松林秀彦先生は、ご自身のブログの中で

「人工授精は、排卵と精子が入るタイミングが同じ時に、妊娠率が最も高くなるとされています。

当院では、人工授精の時間から36時間前にブセレキュアを用いて、人工授精と排卵の時間を合わせる方法を取っています。」

とおっしゃっています。

人工授精は性交渉を加えて

総合すると「排卵直前」が良いようで、より成功率を上げたければ、排卵自体を薬でコントロールする方が良いようです。

ただ、治療だけに頼らず、自分達で性交渉をする。妊娠の機会を増やすことも大切です。

(もちろん、精子の状態や性交渉ができるかどうかによりますが)

性交渉のタイミングとしては、排卵日の2日前が一番妊娠率が高いといわれていますが、排卵日は流動的ですので、できたら月経終了あたりから排卵日翌日までは、なるべく多く性交渉を行うことが、妊娠率を上げることになります。

人工授精の周期であっても、条件が許せば、性交渉も加えて、なるべく多く妊娠できる機会を増やしましょう。


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. 不妊カウンセリング学会の勉強会に参加しました。
  2. 妊活ブログ:着床後、そして陽性反応後、大切なこと
  3. 妊活ブログ:胚移植後に温めるのはよくないの?
  4. 妊活ブログ:ミトコンドリアをもういちど
  5. 感情が先か、からだが先か
  6. 妊活ブログ:タイミングはいつ?
  7. 妊活ブログ:イソフラボンはエクオールでないとだめなの?
  8. 冬の妊活キャンペーン開催中です!

新着記事

年末年始のお知らせ

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP