ドクターインタビュー

山下レディースクリニックインタビュー vol.2

ながいきや本舗:やはり、自然に近い形で良い卵子を作るということは、非常に難しいことなのでしょうか?

山下先生:結局、卵子の質の低下の原因は何かというと、一番は「加齢」なんです。年齢が上がれば、卵子の質は低下する。
妊娠率はどのデータを見ても、大体30歳くらいから落ち始めて、35歳までは比較的にゆるやかですが、35歳からは急激に低下、40歳以上は本当に下がる、と出ています。
正直申し上げて、40歳になった時点で多くの方は、本当は手遅れと言っても良いくらいなのです。

その時に、もっと早くしていれば・・・と言っても、もう時間は取り返せませんが、でもやっぱり、もっと早くなくてはいけないのです。
だから、体外受精などの高度生殖医療は、良い卵子ができて採れる、ということが前提の治療なのです。
つまり、体外受精は、良い卵子ができないという方に対して、体外受精という魔法をかけたら卵子の質が良くなって妊娠に結びつけられた、といった治療ではないんですね。だから、どうしたら良い卵子ができるか、それはなんと言っても一番は、遅れないようにする、ということなんです。

先程申し上げたように、そこまでいかなくても妊娠できる方も含めて、いきなり全員の方に体外受精をするというのは間違いだと思いますが、だからと言って、それに固執して引っ張ってしまって、体外受精だったら妊娠できるのにな、という方を遅らせてしまって、みすみす妊娠のチャンスをつぶしてしまうのは、それもまた間違いです。
その辺りのバランスは大変難しいのですが、それでもくバランスを取りながら患者様をうまく導くのがプロとしての有りかただと思っています。

ながいきや本舗:私どものお客様の多くは30代の半ばからから40代の高齢の方々で、着床、妊娠維持が難しいという声をたくさん聞きます。サンビーマー・サンマットの使用は、高齢の方々にとって有効でしょうか?

山下先生:自分で実際に使ってみて、サンビーマーやサンマットは効果があると手ごたえを感じたわけですが、まだ十分な余力を残しつつ、血流が悪いなどのなんらかの理由で、良い卵子に巡り会えないという方が、サンビーマーやサンマットなどで血流を上げることをしたときには、十分に効果はあると思います。
しかし、40歳以上の卵子が完全にだめになっている方に使ってみて卵子が良くなった、という話ではありません。おそらくそんな魔法ではなく、少し難しいと思います。でもなにがしかの改善に繋がるといいと思います。

例えばアメリカでは、卵子をもらって子供を産むことが進んでいますが、その理由として、一つはアメリカは自由な国であり、個人に干渉しない国柄であるということ、そしてもう一つは、アメリカ人は比較的血縁にこだわらない、ということがあるからだと思います。
ということは裏を返せば、卵子がダメになった人の妊娠は極めて難しいということなのです。
日本では、卵子をもらうことについてまだまだネガティブですので、それならば、その中で何かできること、というとサンマットなどの温熱療法や針治療ということになるのではないかと思います。

関連記事

  1. 山下レディースクリニックインタビュー vol.3
  2. 山下レディースクリニックインタビュー vol.5
  3. 明生鍼灸院 鈴木院長、木津副院長インタビュー vol.2
  4. 鍼灸きよら・武藤先生インタビュー
  5. 明生鍼灸院 鈴木院長、木津副院長インタビュー vol.5
  6. 明生鍼灸院 鈴木院長、木津副院長インタビュー vol.1
  7. 山下レディースクリニックインタビュー vol.4
  8. 山下レディースクリニックインタビュー vol.1

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP