冷え症に効くツボ

三陰交(さんいんこう)

冬の寒い時期やエアコンの効いた寒い部屋にいると、
いつのまにか足首を組んでいることってありませんか?
そうしていると、少し温かくなった気がします。
ズボンの裾から少しだけ足首が出てしまった時も、けっこう冷えた感じがします。
なぜなら、そこには冷え性に効くツボ、三陰交(さんいんこう)があるからで、
三陰交が冷えたり温まったりすると体温に影響が現れるのです。

三陰交は内くるぶしから指4本分上にあります。
息を吐きながら指圧をし、息を吐きながら離していきます。
足をつかむようにすると◎です。
これを3回ほど繰り返すといいでしょう。
痛気持ちいい感覚であればOKです。
あまり痛いのは、腹部も冷えている証拠です。
冷え性の他に、頭痛・食欲不振・生理不順にも効くと言われています。

血海(けっかい)

血海(けっかい)は膝を伸ばした状態で、
膝の皿から2.5cm上がった膝の内側辺りにあります。
大腿骨のすぐ脇の痛みを感じるところです。

血の滞りをなくして流れを良くします。
血海(けっかい)は『血の道』ともいわれているので、
婦人科系の疾患にも効果的です。
生理痛や更年期障害など、
ホルモンバランスの乱れを整えてくれて症状を改善させてくれるのです。

椅子に座りながら、両手で同時に両足の血海を刺激すると良いです。
生理痛の場合は、左足の血海にしこりがあらわれます。