疲労回復のツボ

足三里(あしさんり)

 
足三里は脈気の集まる場所といわれていて、
疲労回復だけでなく、倦怠感・食欲不振・頭痛・肩こりなど、
さまざまな症状に効果があるといわれています。

昔、俳人の松尾芭蕉も旅先での疲労回復、食あたりなどトラブルの予防に、
足三里にお灸をすえて奥の細道を旅していたそうです。

足三里の場所は、
向う脛の外側からひざ下10センチ程度のところに骨のふくらみがあるのが分かります。
押さえてみて、最も痛いと感じるところが足三里です。

足三里への刺激は胃腸全般のの働きを整えてくれます。
また、体力回復や、自然治癒力を高めるなど体質改善にも効果が期待できるようです。

湧泉(ゆうせん)

湧泉(ゆうせん)は疲労の改善に効く万能のツボだと言われています。

腎経のツボになるので冷え・肩こり・泌尿器系の疾患にも効果があります。
他には婦人科系の症状や不眠症にも効果があるらしいです

漢字で書いたとおり『元気が湧く泉』という意味があります。

場所は足の裏の土踏まずのあたりで、
足の人差し指と中指の間くらいにあります。
両手の親指でぐーっと押してやると効果的です。
痛気持ちいくらいが◎です。

指では少々押しにくい場合があります。
その場合は青竹踏みなど使うと簡単に押すことができ、
力加減もちょうどいいかもしれません。