妊活サポートナビ

冷え&ストレス厳禁!夏に妊活する上での注意ポイント

冷え&ストレス厳禁!夏に妊活する上での注意ポイント

夏は食欲の低下や暑さで寝不足になる人が多く、免疫力が落ちて体調を崩しやすくなる季節です。
妊活をする女性は健康第一なので、夏場も妊活を意識して健康を維持することが大切になります。

今回は、夏に妊娠しやすい体つくりで意識するべきポイントをご紹介します。

夏こそ冷え対策を徹底しよう


夏こそ冷え対策を徹底しよう

体内の冷えは免疫力の低下や血行不良、老廃物の蓄積や内臓機能の低下を招くので、妊活をする上では絶対に避けなくてはいけません。
妊活をする女性の体を守る対策方法を紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

・温かい飲み物を選ぶ
夏は気温が高くて、つい冷たい飲み物を選んでしまいがちですよね。
しかし、お腹に冷えた飲みものばかりが入ると、体の内部が冷えてしまいます。

妊活中の女性にとって冷えは大敵で、自律神経やホルモンバランスの乱れる原因になるのです。
1日に摂取する半分の水分でいいので、出来るだけ温かい飲み物を選んで飲むようにしましょう。
暑くてホットなんて飲めないという方は、常温、もしくは氷抜きのドリンクを選んでくださいね。

・湯船に浸かる
暑いからと言って、入浴をシャワーだけで済ましていませんか?
それでは体の芯が十分に温まらず、すぐに冷えて血流の流れが悪くなってしまいます。
夏場でもできるだけ湯船に入り、体の内側を温めるようにしましょう。

また入浴後に冷たい飲み物をがぶ飲みしてしまったり、冷房で体を冷やしてしまっては、せっかくの温浴効果も台無しです。
火照った体は風通しの良い場所で、ゆっくりと冷ますようにして下さい。

・冷房の使い方
冷房の温度は、外気との差が5~6度が適温だと言われています。
温度の下げ過ぎには注意して使用しましょう。
また、冷房の風を直接浴びるのはNGです。

必要以上に体温を奪い、全身の冷えに繋がってしまいます。
扇風機を使って空気を循環させるなどして、直接風を浴びない、部屋の温度を下げ過ぎない工夫をすると体の負担も少なくできますよ。

運動とストレス解消も欠かさずに

運動とストレス解消も欠かさずに

・室内でできる運動を
夏は暑くて、外に出るのも億劫になりがちです。
そうなると心配なのが運動不足になってしまうこと。
血行不良や代謝の低下を招き、冷えやすい体質になってしまいます。
基礎体温の低下を防ぐためにも、適度な運動を心がけましょう。

夏におすすめの運動は、室内でできるヨガやストレッチです。
好きな曲に合わせたダンスなどでも良いでしょう。
汗をかくことでストレス発散にもなりますよ。
自分好みの運動を習慣化してみてくださいね。

・おすすめのパワーストーン
夏場の暑さや妊活に疲れを感じた時には、「アベンチュリン」というパワーストーンがおすすめです。
アベンチュリンは心身の疲れを癒し、家庭内に平和をもたらしてくれる石だと言われています。

妊活中は思い通りにいかないことも多く、知らず知らずのうちにストレスがたまってしまうもの。
そんなイライラを軽くしたい時、夫婦仲を穏やかにしたい時に、そっとアベンチュリンに触れてみてくださいね。
すっと心を軽くして、幸福と笑顔を呼んでくれるでしょう。

メルマガ登録説明

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須

関連記事

  1. 疲労回復のツボ
  2. 新しい不妊治療の助成制度が始まります
  3. 人気の習い事、ピラティスで妊活を「ピラティスの魅力」 とは?
  4. 姑より問題アリ?妊活中の「実の両親」との向き合い方
  5. 妊活豆知識「葉酸の摂取」は妊娠前から
  6. 妊娠しやすい体のベースになる健康な体を作るために特に必要な栄養成…
  7. 男性不妊特有の悩みの実態を探るアンケートを実施します。
  8. 子宝神社全国一覧
PAGE TOP