妊活サポートナビ

温浴効果アップを狙おう!妊活中の正しい入浴方法とは


温浴効果アップを狙おう!妊活中の正しい入浴方法とは

「妊活中だけど、お風呂には頓着が無い」という女性は少なくないでしょう。
しかし、お風呂は体を温めることができる場所なので、入り方に気を付ければ妊娠しやすい体つくりに近づくことができるのです。

妊活中の正しい入浴法、リラックスするためのアイテムなどをご紹介します。

熱すぎるお湯はNG?


熱すぎるお湯はNG?

「どんな温度のお湯でも、入浴すれば体が温まる」と考えている方も多いかもしれません。
しかしお湯の温度が1℃でも違えば、体に与える影響も変わってきます。

特に気をつけたいのが、42℃以上の熱過ぎるお湯に浸かること。
人の体は熱過ぎると感じると筋肉が縮こまる性質があり、リラックスすることができません。
交感神経が働き、かえって血行が悪くなってしまうのです。

リラックスするために最適なお湯の温度は、38~41℃程度と言われています。
適度に温かいお湯は副交感神経を働かさせ、血行を促進してくれるのです。
全身の血管が広がることで血液の流れがスムーズになり、体のすみずみまで温めることができますよ。

特に妊活中は卵巣や子宮など、骨盤の内部まで温めることが大切です。
ぬるめのお湯に20分ほどじっくり浸かり、体の芯まで温まりましょう。
のぼせやすい人は半身浴もオススメなので、肩が冷えないようにタオルをかけて水分補給をしながら入浴してみて下さい。

入浴後のケアも忘れずに


入浴後のケアも忘れずに

入浴によって十分に体が温まると、快眠効果も期待できます。
ただしその効果を得るためには、入浴後の行動にも注意しておきましょう。

入浴で体が温まったからと言って、冷たいものを飲んだり、裸のまま過ごしてお腹を冷やしてしまってはNGです。
せっかくの温浴効果が台無しになるので、早めに服を着て、常温の水での水分補給を心がけましょう。

また、肌の保湿やストレッチなどをして、肌と筋肉をリラックスさせてあげてください。

おすすめのリラックスアイテム

半身浴をする時は、防水のラジオや音楽プレイヤーの利用がおすすめです。
好きな音楽を聞くとさらにリラックス効果が高まり、血行不良やストレスの改善に繋がるとされています。

ただし、入浴中のスマホの操作脳を覚醒させ、入浴後の睡眠を阻害してしまうので避けるようにしてください。
最近では防水グッズも出ているので、本などを持ちこんで読書をするのも良いですよね。

また、入浴以外でリラックス効果を得たい時は「淡水パール」を身に付けましょう。
淡水パールは宝石の一種ですが、女性特有のストレスを軽減させるパワーストーンとしても知られています。
さらに女性らしさのアップや、子宝に恵まれる効果も秘めています。
枕元に置くだけでも効果があるので、安心感を得たい時や深い眠りにつきたい時に試してみてくださいね。

メルマガ登録説明

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須

関連記事

  1. 冷え&ストレス厳禁!夏に妊活する上での注意ポイント
  2. 妊活にも影響? 残留農薬の危険性
  3. ファッションで「妊娠しやすい体 」を作るには
  4. ツボの見つけ方
  5. ツボの刺激の仕方
  6. サンマットってこんなに使える!ご家族みんなの有効活用術 ご両親の…
  7. サンマット体験談を話して頂けませんか?
  8. あなたは大丈夫?気になる不妊体質と改善方法

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP