妊活サポートナビ

妊活豆知識「葉酸の摂取」は妊娠前から

妊娠時に必要になるビタミンの一種「葉酸」。
お腹の赤ちゃんの血液をつくり、健全な発育を助け、先天異常である神経管欠損症を防ぐ働きがあるのですが、実は妊娠前から摂取するのが望ましいと
言われています。

一体、なぜなのでしょう?

妊娠前から葉酸が必要な理由とは

葉酸には先天異常である神経管欠損症を防ぐ役割があります。
神経管欠損症とは脊髄がうまく作られず、上下に分離するなど欠損を生じてしまうものなのです。
一方で、脊髄は妊娠第6週までに作られる、とされております。
実はここが問題なのです。

妊娠に気づくのは生理が遅れたことがきっかけになっていることが多いようですが、気づいたときにはこの6週目になっていることも珍しくありません。
妊娠を目指すなら、普段から十分に摂取しておかないと脊髄形成に間に合わなくなってしまう可能性が高いと言えるでしょう。

よって厚生労働省も、「妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月まで、葉酸を栄養補助食品あるいはサプリメントで一日400μg摂るようにしましょう」と呼びかけています。

(※「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」平成12年12月28日/厚生労働省)

葉酸不足が赤ちゃんに与える影響


妊活豆知識「葉酸の摂取」は妊娠前からが良い!?

葉酸が不足すると神経管欠損症のリスクが高くなってしまいますが、リスクはそれだけではありません。
葉酸には赤ちゃんが成長するための細胞分裂を促進する働きと、赤血球をつくる働きがあるのです。

細胞分裂が促進されないと当然のことながら赤ちゃんの成長が促されず、細胞分裂の際に起きるDNAのコピーミスから障害を生じるリスクも出てくるでしょう。
これが初期に起きたものが、二分脊椎症、無脳症といった神経管閉鎖障害や、口唇口蓋裂、ダウン症などの先天性疾患です。

また、葉酸の不足によって生じる貧血は悪性貧血といわれ、鉄分を十分に摂取していても酸素を運ぶ力の劣った、質の低い赤血球が作られてしまうのです。
赤ちゃんとは胎盤を通じて酸素や栄養をやり取りしていますが、このやり取りをする赤血球が十分に機能しなければ赤ちゃんに酸素が届かず、ちゃんとした成長は望めなくなってしまうのです。

葉酸不足が母体に与える影響

妊娠中の葉酸不足は、胎児だけでなく母体にも影響を及ぼします。

流産・早産、常位胎盤早期剥離といった、胎盤に関連する妊娠合併症は、母体の葉酸の欠乏による胎盤の形成不全が原因で起こることが報告されています。

「常位胎盤早期剥離」とは、胎児がまだ子宮内にいる内に、胎盤が子宮から剥がれてしまう疾患で、重症の場合は、胎児だけでなく母体の命にも危険が及びます。

また、妊娠高血圧症候群や慢性的な高血圧、糖尿病、肥満のリスクも、葉酸を積極的に摂ることで改善されることが期待できます。

葉酸の効率的な摂取法

葉酸はほうれん草アスパラガスなどの野菜、イチゴなどの果物に多く含まれています。
1日当たり400μgが必要だとされていますが、これを摂取するためにはほうれん草7束、アスパラガス11本、
イチゴだと中30個とかなりの数が必要になってしまいます。
困ったことに葉酸には熱に弱いという特徴がありますので、調理することを考えると実際に必要な量はもっと多いでしょう。

効率的に摂取するためには、可能な限り生で食べましょう。熱によって葉酸が壊される可能性が低くなるためです。

ただどうしても、食べ物から葉酸を十分に摂ることは難しいので、サプリメントや栄養補助食品を利用するのが効率的です。その場合妊娠準備中は、配合されている葉酸が合成葉酸の場合は一日400μg、食事性葉酸の場合は一日800μg摂るよう心がけましょう。

また、妊娠3ヶ月以降は、通常の食事に上乗せして、サプリメントや栄養補助食品で、一日240μg(合成葉酸の場合。食事性葉酸は480μg)、出産後授乳中は、一日100μg(合成葉酸の場合。食事性葉酸は200μg)摂るとよいでしょう。

なお、1日当たり1000μg(合成葉酸の場合。食事性葉酸の場合は2000μg)以上は過剰摂取になってしまいますので注意しましょう。

 

体の栄養は食べ物で摂り、心の栄養はパワーストーンのローズクオーツで取り入れてみてはいかがでしょうか。
ローズクオーツは愛の石の代表格とも言われており、欠けた心を優しさで満たしてくれるでしょう。

体と心を適度な葉酸とたくさんの愛で満たして、妊活に取り組んで下さいね。

関連記事

  1. 冷え症に関するアンケート
  2. 男性不妊特有の悩みの実態を探るアンケートを実施します。
  3. ミトコンドリアと卵巣予備能には密接な関係がある
  4. 頭痛に効果のあるツボ
  5. 「エクオール」もイソフラボンの魅力の一つです。
  6. サンマットの医療施設版サン・ビーマーの感想
  7. 睡眠不足は絶対NG! 「睡眠と妊活」の深い関係とは
  8. 「AglyMax ®」とは

新着記事

年末年始のお知らせ

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP