妊活サポートナビ

食を変えて妊娠体質に! 妊娠するための食生活とは



今、少子化が叫ばれる日本社会で妊娠は国民的関心事になっています。
また女性として生まれたからには一度は子供を産みたい!と考える方も多いのではないでしょうか。
 
しかし、不妊に悩むカップルが多いのも事実です。
そこでそろそろ子供がほしいと思っている方々にぜひとも知っていただきたい情報があります。
それは「妊娠しやすい食生活」です。
 
いつもの食事を少し注意するだけで妊娠体質になれるかもしれません。

 

妊娠と食生活の密接な関係

食生活と妊娠には密接な関係があります。人間の活動はすべて空気・水・日光と、食物から摂取する栄養素から成り立っているからです。
 
当然生殖器官の活動も上記の要素と食物から得られる栄養素によって活動するものですから、バランスよく栄養をとらないと生殖器官の活動が低下して妊娠ができなくなってしまいます。
 
では、具体的にどのような食生活をすれば妊娠しやすくなるのでしょうか。

バランスよい食事



一番大切なのはバランスのよい食事を心がけること。
まずは栄養素をバランスよく摂りましょう。
理想を言えば一日30品目を摂りたいところです。
 
野菜はヘルシーというイメージがありますが、野菜ばかりでは生殖ホルモンの材料であるコレステロールの生成ができません。
脂肪分やお肉類などのタンパク質を摂ることも必須です。
ビタミン、ミネラル、糖質等もすべて必要な栄養素です。
偏らずにバランスよい食事を目指してください。
 
食べ過ぎ・食べなさすぎも妊娠には悪影響です。
妊娠の可能性を少しでも高めたいのであれば、食べ過ぎに注意すると共に、ダイエットは控えましょう。
 
また食事は1日3回決まった時間に摂るようにしてください。
1日2回にしてしまったり不規則な時間に食べたりすると体の全体的な調子が狂い、妊娠しづらくなってしまいます。
 
健康的な食生活が妊娠への近道です。

悪い成分を摂らない

妊娠体質になる食生活としてもう一つ留意したいのは「悪いものを摂らない」ということです。
これはどのようなことかというと、たとえば質の悪い油や食品添加物をなるべく避けること、残留農薬が多く含まれた野菜を避ける、不純物が混じった水は飲まないなどのことです。
 
美味しいとか手軽だということでスナック菓子を食べたりインスタント食品を取り過ぎると悪い油や食品添加物、塩分の摂りすぎになります。
 
また、外食はどのような調味料や素材が使われているか分からないというリスクがあることを覚えておいてください。
洗剤が落ちきっていなかったり残留農薬が多い野菜を使っていたりする可能性もあるかもしれないので、頻繁に外食するのは避けましょう。

おすすめの食材



妊娠するためにおすすめの食材は、以下のようなものが挙げられます。
鉄分を多く含むひじき・レバー・大豆
カルシウムを多く含む牛乳・チーズ
葉酸を多く含むブロッコリー・グレープフルーツ・小松菜
 
もちろんこれだけでは栄養は不足しています。あくまでも「バランス良く」摂取することは忘れないでくださいね。

メルマガ登録説明

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須

関連記事

  1. いたわりの気持ちを光の温泉サンマットでお伝えください
  2. 妊娠と不妊について(わかりやすく動画で解説)
  3. 不妊に効果のあるツボって!?
  4. サンビーマーの効果・遠赤外線とミトコンドリアの関係
  5. サンマットの医療施設版サン・ビーマーの感想
  6. ビタミンD不足で勃起不全が有意に増加する!?
  7. 冷え症に効くツボ
  8. 妊娠しやすい食事を始めてみよう

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP