妊活サポートナビ

毒素は敵! 妊活中からできるセルフデトックス


毒素は敵! 妊活中からできるセルフデトックス

妊活中の女性が健康な体つくりを心掛ける上で意識すべきなのは、デトックスです。
デトックスとは、体内の毒素を出して体液・リンパ液・血液の巡りを良くし、新陳代謝を高め健康になるという方法のこと。
新しい命を万全の状態で迎えるために、体から毒素を出す必要があります。

今回は、妊娠中にできるセルフデトックスについてお話します。

体内毒素の正体と影響


毒素は敵! 妊活中からできるセルフデトックス

毒素の正体は、老廃物です。
老廃物は体内活動が正常な時は、滞らずに体外に排出されます。
しかし体内活動サイクルが狂うと上手に排出されず体内に溜まってしまうのです。
特に溜まりやすいのは、口から入れた食べ物からエネルギーを作り出す時に生じるアンモニアなどの老廃物です。

細胞や組織が生まれ変わる時に古い皮を剥いで残していく老廃物もあります。
この古い皮こそが老廃物として溜まる尿酸や尿素や乳酸です。
そしてもう1つの毒素は、本来なら体内に入ってはいけないとされている毒素です。
水銀、鉛、カドミウム、などが知らぬうちに食べ物から体内に入っていることがあります。

そして溜まった毒素が原因で、むくみ・血行不良・冷え性・便秘を引き起こします。
毒素が滞ることで体液や血液の通り道を塞ぎ、体内循環を邪魔するためです。
むくみは体液循環機能が低下したことにより、血液中の体液が血管の外に溢れ出して皮下組織に水分が溜まってしまいます

毒素による体液循環機能と排泄機能の低下は知らず知らずのうちに体内循環をどんどん狂わせてしまうのです。

デトックスで毒素を除去しよう


毒素は敵! 妊活中からできるセルフデトックス

一言に毒素といっても、体に不調が現れない限り、その存在を意識する方は少ないはずです。
毒素はどんな方法で取り除くことができるのでしょうか?

・適度な運動を心がける
家の近くを歩いたり、ジムで汗を流したり、運動を日々の生活に取り入れてください。
日常艇に体を動かすことで、ストレス改善と代謝の改善などの効果を手に入れることができます。
運動で体が動くと、それに伴って体液も動きスムーズに流れるようになります。

・リンパマッサージ
体中にあるリンパ腺を体の末端から心臓に向かってマッサージしましょう。
リンパ液の詰まりを解消して正常に循環させるようにします。
特に太ももの付け根やデコルテゾーン、耳はたくさんのリンパが集中しているので重点的に行うと毒素を排出できます。

・ヒーリング効果のあるグッズを取り入れる
健康を維持と促進に効果がある天然石「アベンチュリー」は、デトックスを促す効果があるとも言われています。
自律神経を整え、疲労回復やストレスの緩和や健康の促進・維持の効果も見込めるので、妊活中の女性を支える強い味方になってくれるでしょう。

・食事と便通
ほうれん草などの青物野菜に含まれるクロロフィル、みかんなどの柑橘類含まれるビタミンCには毒素の排出作用があります。
また、便通をよくする食物繊維を含むキャベツや代謝を良くしてくれるしょうがもお勧めです。
体内の毒素と科学結合し体外へ排出する作用があるビタミンA、C、Eは野菜、含硫アミノ酸はにんにくや玉ねぎ、亜鉛は魚介類や緑黄色野菜に多く含まれます。
体内毒素の排出に一番効果が高いのは「排便」です。
ごぼう、オクラ、納豆、蓮根、などは毒素を吸着し便として排出してくれます。

デトックスで体内の巡りが良くなると、臍帯からお腹の赤ちゃんにスムーズに栄養を送り届けられるようになります。
低体重児、早産、難産を避けるためにも、デトックスで巡りのいい体を手に入れましょう。

メルマガ登録説明

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須

関連記事

  1. よく寝る女性は卵子を育てる!【メラトニンのお話】
  2. 妊娠時のつわり、流産リスク低減に関連研究
  3. ミトコンドリアを増やして活力のある妊活を目指す
  4. 男性不妊特有の悩みの実態を探るアンケートを実施します。
  5. 妊活中のストレスを解消する方法
  6. 妊活にも影響? 残留農薬の危険性
  7. サンマットレンタル体験者様インタビュー第2弾
  8. 妊娠したらこんなに食事の制限が!? 妊活中から食事計画を!

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP