妊活サポートナビ

よく寝る女性は卵子を育てる!【メラトニンのお話】

よく寝る女性は卵子を育てる!【メラトニンのお話】

「メラトニン」というホルモンについて
ご興味のある方も多いかと思います。

メラトニンは「睡眠ホルモン」とも呼ばれており、
夜になると眠くなり、明るくなると目覚めるのは、
メラトニンによるものです。

しかし、睡眠以外にも

(1)生活リズムの調整
(2)免疫力の賦活作用
(3)抗酸化作用(活性酸素などを分解・除去する)
(4)卵子の成熟促進
(5)受精率の向上

などなど、その作用は数多くあります。

特に、メラトニンの抗酸化作用は大きく
細胞の酸化を防ぐので、美肌や健康維持、
そして卵子の老化の防止にもつながります。

また、しっかり睡眠をとることで、
成長ホルモンもしっかり分泌しますので
さらに、肌の再生や病気への抵抗力の維持、
若さや健康を保つ、脂肪の燃焼など
相乗効果を生んでいきます。

ちなみに、成長ホルモンは
卵胞発育の第一歩のホルモン分泌にも大きく関わっているので、
やっぱり、成長ホルモンの分泌も、卵胞の発育には欠かせない!

つまり、よく寝る女性は
メラトニンと成長ホルモンの分泌で、
卵をしっかり育てることができるのです。

「寝る子は育つ」と昔から言いますが
それは決して子供だけのことではありません。

大人もしっかり寝て、若さを維持していきましょう。

関連記事

  1. ビタミンD不足で勃起不全が有意に増加する!?
  2. 妊娠しやすい食べ物ってあるの?食事って?
  3. ツボの刺激の仕方
  4. 妊活中のストレスを解消する方法
  5. いたわりの気持ちを光の温泉サンマットでお伝えください
  6. 便秘解消のツボ
  7. 妊活と関係の深い抗加齢メソッドについて
  8. 冷え性の妊婦さんは、早産のリスクが3倍

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP