たんぽぽの基礎知識

たんぽぽの基礎知識 ほう製って知ってる? たんぽぽの特徴 たんぽぽ茶の飲み方

ここでは、たんぽぽ茶ショウキT-1の原料であるタンポポについて色んなお勉強をしていただきたいと思います。
タンポポのことをちょっと深く知るだけで、身近に感じて親しみが湧いてくるといいですね。
ますますタンポポ茶ショウキT-1を続けたくなる、そんな情報満載ですので是非最後まで読んでみてくださいね!

たんぽぽの基礎知識

伝えたいこと
タンポポは漢字で蒲公英と書きます。
漢方では開花するまえに採取して乾燥させたものを「ほこえい」と呼ぶことからこの様に書くそうです。

多くはユーラシア大陸に自然分布していますが、タンポポ茶ショウキT-1に原料として使用されているタンポポは「セイヨウタンポポ」という品種で、専用の無農薬農場で養殖されています。
ながいきや本舗では何度も農場まで足を運んで見学もしてきましたが、周辺は漢方薬の原料となる生薬を栽培している畑ばかり。

とても自然環境が豊かで安心、安全を厳密に守りながら育てられています。
たんぽぽ畑と聞くと黄色いタンポポが満開のお花畑を想像されるかもしれませんね。

ところが、漢字の由来にもあるように開花するまえに採取して乾燥させてしまいますので、実際には黄色い花を見ることはありません。
それでも大きなたんぽぽの葉っぱで緑一面のきれいな畑になります。

畑

「これがタンポポ茶ショウキT-1の実際の原料となる収穫前のたんぽぽ畑」

この写真はながいきや本舗の店主が現地視察に行って撮影したもの。もう、かなり収穫されているのでちょっと寂しい感じです。感想:とにかく遠かった・・・

タンポポ工場

「そしてこれが花の咲く前に収穫されたタンポポの葉っぱ」これを天日に干して、エキス抽出工場へと運んで行きます。」

タンポポ工場

英語名のダンディライオン(dandelion)はフランス語で「ライオンの歯」を意味するダン=ド=リオン(dent-de-lion)に由来するが、これはギザギザした葉がライオンの牙を連想させることによるそうです。

「どうですか!大きいでしょう!!このセイヨウタンポポの葉っぱを原料にT-1エキスを抽出します。」

タンポポ工場

新着記事

年末年始のお知らせ

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP