不妊用語集:子宮頚管粘液検査

子宮の入り口から分泌される頚管粘液(精子を子宮へ運びやすくする働きのある粘液)が、十分に分泌されているかを調べる検査で、排卵日と思われる日の3、4日前から排卵直前までに行います。粘液はシダの葉のような結晶を作るため、粘液をスポイトで吸い取り、顕微鏡でシダの結晶を確認します。
子宮頚管粘液の量が少ない人や、精子が入り込みやすい粘液に変化しない場合は、ホルモン剤の内服や注射を行ったり、人工授精を行ったりします。

> あ行> か行> さ行> た行
> な行> は行> ま行> や行
> ら行> わ行

メルマガ登録説明” width=“600px

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須

新着記事

年末年始のお知らせ

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP