不妊用語集:子宮卵管造影法(HSG)

HSG:hysterosalpingography。エックス線に反応して白く写る造影剤を使って、卵管に詰まりがなくきちんと通っているか、卵管周囲に癒着はないか、子宮の形に異常がないか、を調べる検査です。検査自体は保険適応で、通常月経後排卵までの間に行いますが、最適なのは月経開始から7-10日目頃です。造影剤には油性と水性があります。この検査は、妊娠を望む場合の早期で必須の検査ですが、それ以外に、造影剤注入により、卵管を塞いでいた粘液などが排除されたり、卵管の動きを阻害していた癒着がはずれたり、受精卵を子宮へ運ぶ卵管内の線毛が刺激されたりして、検査後に妊娠率の向上が期待できるという効用があります。この効果は検査後数ヶ月持続すると考えられています。

> あ行> か行> さ行> た行
> な行> は行> ま行> や行
> ら行> わ行

メルマガ登録説明” width=“600px

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須

新着記事

年末年始のお知らせ

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP