不妊用語集:黄体形成ホルモン(LH)

英語名はLuteinizing hormone、略称LH。脳の視床下部から伝達が発信され脳下垂体前葉という場所から分泌される、性腺刺激ホルモンの一つ。黄体を生成し、排卵を誘引します。排卵が迫ると、勢い良くたくさんの黄体形成ホルモンが分泌され、生育した卵胞を刺激することで、卵胞を破裂させて排卵を起こします。これをLHサージと言います。分泌量は子供の頃には低く、女性では閉経後に高くなります。

> あ行> か行> さ行> た行
> な行> は行> ま行> や行
> ら行> わ行

新着記事

年末年始のお知らせ

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP