不妊用語集:高プロラクチン血症

出産していないのに、母乳を分泌するためのプロラクチン(乳腺刺激ホルモン)というホルモンの数値が慢性的に高い疾患。出産後の授乳期間に月経が止まるのは、プロラクチンが多く分泌されている為で、これは子育て期間中に排卵を止めて次の妊娠を避け、母体を守るための自然の摂理と考えられています。つまりプロラクチンは「妊娠しにくいようにするホルモン」なので、プロラクチンの分泌が多いと排卵障害や月経不順を起こします。また、出産後次の妊娠を望む場合は断乳が勧められます。高プロラクチン血症の原因はほとんどが原因不明ですが、脳腫瘍(プロラクチノーマ)のこともあるので、乳汁分泌や視野の狭窄といった症状がある場合は注意が必要です。治療は薬物療法がメインです。

> あ行> か行> さ行> た行
> な行> は行> ま行> や行
> ら行> わ行

メルマガ登録説明” width=“600px

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須

新着記事

年末年始のお知らせ

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP