不妊用語集:メトホルミン

通常はインスリン非依存型糖尿病に対する薬を指しますが、近ごろ、多嚢胞性卵巣症候群に効果があるという見方があります。多嚢胞性卵巣症候群では、男性ホルモンであるアンドロゲンの分泌が過剰になってしまいます。

そこに、インスリン抵抗性を改善するメトホルミンを服用することで、脂質代謝異常が収まり脂肪内に存在するアンドロゲンが減る可能性が有ります。

> あ行 > か行 > さ行 > た行
> な行 > は行 > ま行 > や行
> ら行 > わ行