不妊用語集:精液検査

精液量、精子濃度、運動率、運動の質、精子の形態、感染の有無などを検査。

精液は、2-7日の禁欲期間(射精しない期間)後、用手法(マスターベーション)で全量を採取。場所は病院、もしくは、自宅で採取して20℃から30℃程度に保ちながら2時間以内にクリニックに運び検査することもできる。

結果は、運動精子濃度(精子濃度x運動率)やSMI(Sperm Motility Index: 精子自動性指数)などで判断されるが、男性の精液性状は日々変動するため、思わしくない結果が出ても再検査で問題ない場合もある。基準値は以下の通り。

精液検査の正常値
(WHOラボマニュアル-ヒト精液検査と手技-5版より)

検査項目下限基準値
精液量1.5ml以上
精子濃度1500万/ml以上
総精子数3900万/射精以上
前進運動率32%以上
総運動率40%以上
正常精子形態率(厳密な検査法で)4%以上
白血球数100万/ml未満
> あ行> か行> さ行> た行
> な行> は行> ま行> や行
> ら行> わ行

メルマガ登録説明

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須

新着記事

年末年始のお知らせ

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP