不妊用語集:卵管障害

卵管障害(卵管性不妊)とは、卵管が詰まっている、癒着している、卵管采が卵子をキャッチできない(卵管采不全:キャッチアップ障害)などの障害を言います。

卵管障害は不妊全体の30%とも言われていて、受精出来にくいだけではなく「子宮外妊娠」を卵管が詰まってたり癒着している状態、または卵子を卵管采がうまくキャッチ出来ない等の障害を指します。

不妊原因の約30%はこの卵管障害であると言われており、受精しにくいだけでなく子宮外妊娠の可能性を引き起こします。この卵管障害になる原因としては様々な要因がありますが、近年増えているのはクラミジア感染症による卵管性不妊です。

> あ行> か行> さ行> た行
> な行> は行> ま行> や行
> ら行> わ行

メルマガ登録説明” width=“600px

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須

新着記事

年末年始のお知らせ

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP