不妊用語集:内視鏡

腹腔鏡検査(ラパロスコープ)は、おなかの外から1cm前後の穴をあけて、腹腔内を内視鏡で観察する検査です。(卵管鏡)細い管の先にカメラを取り付けた器具を指し、体の内部の観察を行うときに用います。

ラパロスコープ(腹腔鏡検査)は、腹部に外から約1センチの穴をあけて内視鏡を挿入し、腹腔内を観察する検査です。

> あ行 > か行 > さ行 > た行
> な行 > は行 > ま行 > や行
> ら行 > わ行

メルマガ登録説明” width=“600px

お名前(ニックネーム可) ※必須

メールアドレス ※必須