不妊用語集:抗リン脂質抗体症候群

細胞膜の構成成分である、リン脂質に対抗する抗リン脂質抗体が血中にできることで、血管内皮細胞が攻撃され血栓が形成され、血流が悪くなり、血液が固まりやすくなる自己免疫疾患、不育症や習慣流産、妊娠高血圧症、胎児発育遅延などの原因とされています。

抗リン脂質抗体陽性の場合の流産には、血栓による胎盤形成の不備と、胎盤はできるが後に生じた血栓が引き起こす胎盤梗塞との二種類があります。

> あ行 > か行 > さ行 > た行
> な行 > は行 > ま行 > や行
> ら行 > わ行

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP