不妊用語集:染色体異常

人間の体細胞には46本の染色体があり、通常22対の常染色体と2個の性染色体で構成されていますが、なんらかの理由で、染色体が多くなったり(トリソミー,テトラソミー)、少なくなったり(モノソミー)することがあります。それを染色体異常と言い、部分的な異常と数の異常とに分けられます。

部分的な異常は、交叉の失敗によって引き起こされることが多く、部分トリソミー(重複)、部分モノソミー(欠失)、転座が挙げられます。

数的異常とは染色体の不足あるいは過剰による異常であり、不完全な染色体の分離によって引き起こされることが多いです。

この数的異常も異数性と倍数性に分かれ、異数性とは、通常は2本で対を成している(ダイソミー)ところ、1本ないし数本の染色体の増減がある異常で、1本になるのを「モノソミー」、3本を「トリソミー」、4本を「テトラソミー」、5本を「ペンタソミー」と言います。

倍数性とは、一セットを「22対+1個=23個」とすると、その整数倍の染色体数の細胞を有する異常を指し、3倍体(3n=69)と4倍体 (4n=92)の存在が知られていますが、いずれも流産や死産、早期新生児死亡で認められるのみです。

> あ行 > か行 > さ行 > た行
> な行 > は行 > ま行 > や行
> ら行 > わ行

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP