不妊用語集:ハッチング

卵子と精子が受精した受精卵は透明帯という膜に包まれていますが、分裂が進んで胚盤胞になり子宮内膜に着床する際には、その透明帯を破って外に脱出します。これをハッチングと言います。

体外受精や顕微授精の場合、受精卵は体外培養されますが、その際に透明帯がなんらかの理由で厚くなったり質的変化を起こし、外に飛び出しにくくなることがあります。

そこで、透明帯の一部を薄くしたり切開したりするアシステッドハッチングという技術を使って、受精卵が透明帯から脱出するのをアシストします。

> あ行 > か行 > さ行 > た行
> な行 > は行 > ま行 > や行
> ら行 > わ行

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP