不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活には一日一万歩??

こんにちは。
神戸の老舗妊活サポート専門ショップながいきや本舗の店長で
不妊カウンセラーの松村恭子です。

ようこそ、妊活アドバイスブログへ!

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

実は厚生労働省では「健康づくりのための運動指針~エクササイズガイド2006」というのを出していて、生活習慣病にかからない身体を作るための運動の目安を示しています。

健康づくりのための運動指針~エクササイズガイド2006

家事や通勤などの、日ごろの自然な動きも「運動」も加えながら、自分の今の運動のし具合を測定して、あとどれくらい運動すれば良いか、がわかるようになっていますので、やってみると面白いかな、と思いますが、私のようにそれすら面倒(汗)と感じる人用にも

☆ いつでも、どこでも、楽しく歩こう1日1万歩(1週間7万歩)!
☆ 自分に合った運動でいい汗かこう、週合計60分!

という指導がされています!

ちなみに、平均したら「10分歩くと約1000歩」なんですって!

ということは一日100分、つまり1時間40分歩かなきゃいけないの???

きつくない!!??

そう人のためにも、このガイドは

◎ 最初から欲張らないことです。4,000歩増やす場合も、まずは 1 日
1,000歩増やすことから始め、3ヶ月かけて徐々に4,000歩増やせば良
いのです。

◎歩行は連続しなくても構いません。1日の合計が1万歩(1週間の合
計が7万歩)になるようにしましょう。

とやさしいお言葉を用意されていらっしゃいます。ほっ♪♪

昨日の不妊カウンセリング学会でも、活性酸素が精子・卵子、また着床環境を阻害する、といわれました。

酸素は人間が生きるために必要なものですが、過剰な酸素は逆にからだを傷めます。それが老化です。

全身持久力の高いと、エネルギー消費の予備力が高く、同じ身体活動を行っても低い人より余裕があるので、身体に有害となる物質の生産量も少なくなります。全身持久力を高めるということは、活性酸素からわが身を守ることにもつながるといえます。

だからといって過激な運動は、逆に活性酸素の発生を高めてしまいます。

なので、ガイドが提唱するような、無理のない運動を日常化することが必要なのです。

私は一応マリンスポーツなどを(!?)やっておりますが、週一回なので、少し足りないかな。なので歩く時間を意識して増やしていこうと思います。


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. 冬病夏治
  2. 妊活ブログ:妊活に大切な栄養素とは
  3. 断食をやってみる
  4. 東京最大【妊活イベント2017】に参加します!
  5. 2017年を迎えて
  6. 血流が悪いと精子も元気に育ちません。
  7. 不妊・妊活に関わるAglyMax(R)(アグリマックス)の効果に…
  8. 着床環境を整えるのは、「AglyMax(R)」だけです!

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP