不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:ミトコンドリアをもういちど

こんにちは。
神戸の老舗妊活サポート専門ショップながいきや本舗の店長で
不妊カウンセラーの松村恭子です。

ようこそ、妊活アドバイスブログへ!

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

最近、不妊治療の領域で注目されているのが「ミトコンドリア」。

確か、中学校の生物の時間に習ったような???

あなたはご存知ですか??

正直、私はわかっているような、わかってないような、あやふやな感じなので(汗)

自分の備忘録としても、ここで「ミトコンドリア」について、まとめておきたいと思います。

ミトコンドリアってどんなもの??

「ミトコンドリア」とは、細胞の中にある小器官で、人間の60兆個の細胞の一つひとつに存在しています。

それも一つの細胞に、平均で2000個近くあるそうで、かなり大量です。

大きさは、直径は0.5μm程度ですが、形状は生物や細胞の置かれている条件によって様々で
球形、円筒形のものから紐状あるいは網目状のものまであり、長さが10μmに達するものもあるそうです。

構造は二重の生体膜からなり、ミトコンドリアDNAという独自のDNAを持ち、分裂・増殖しながら
さまざまな生命現象にも関係しています。

卵子も精子も子宮内膜も、当然「細胞の塊」ですから、ミトコンドリアの影響をすごく受けている、ということですね。

だから今、不妊治療の中でも大注目されているのです。

ミトコンドリアの役割って??その1

ミトコンドリアの役割の一つは
「細胞や器官を動かすATPと呼ばれるエネルギーを作る」こと。

エネルギーを作って、器官の機能を活発化させる、ということでDすね。

でも残念なことに、このATPというエネルギーは、貯めておけません。
作った瞬間使われてしまうのです。

なので、からだの中でミトコンドリアは、エネルギーを作るために、毎日毎秒、絶えず一生懸命働いています。

でもやはり毎日働きづめだと、だんだんと疲れてきます。
休息できればいいけど、それができない。

そのうち、力尽きるミトコンドリアも出てくる・・・

よって、年齢とともにミトコンドリアの数が減ったり、機能が衰えてしまうのです。

ミトコンドリアの役割って??その2

もう一つのミトコンドリアの役割は、「細胞の代謝を指揮」すること。
細胞の代謝の中核をなしています。

なので働きづめでミトコンドリアが衰えてくると、新陳代謝がうまくいかなくなっていきます。

そして細胞の修復・再生もうまくいかなくなり、それが老化につながるのです。

このように、細胞の活性化のためには、ミトコンドリアの働きがとっても重要です。

でも残念なことに、一般的には自然に任せていると、
女性は30代後半から、男性は40代前半から、ミトコンドリアの数は急速に減ると言われています。

さあ大変!!どうしましょっ!!!!

でもね、少し安心してください。

実はこのミトコンドリアは、いくつになっても増やすことができるのです!

それも簡単に!!

その一番簡単な方法について、次回お話しますね。

どうぞお楽しみに♪♪


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. 妊活ブログ:妊活中の妊娠しやすい食事とは
  2. 夫婦のあり方
  3. 【ながいきや本舗】不妊カウンセリング学会で勉強してきました。
  4. 妊活ブログ:再考 抗酸化とは??
  5. 妊活ブログ:排卵誘発まとめ
  6. 妊活ブログ卒業??
  7. 卵管についての診断・治療 vol.2 不具合に対する検査方法
  8. 妊活ブログ:日本先天異常学会から葉酸サプリ摂取の呼びかけ

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP