不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

独りじゃないよ!

こんにちは。

神戸の島にある、老舗妊活サポート専門ショップながいきや本舗の店長で不妊カウンセラーの松村恭子です。

ようこそ、妊活アドバイスブログへ!

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

今日は、ながいきや本舗に寄せられたお声を、少しご紹介させていただきます。

Y様 (40-44歳)
治療はお休みしていますが、自然に授かることを願いながら、毎日続けています。

T様(40-44歳)
まだまだ、こつこつ頑張ります!

M様(40-44歳)
あともう少し、のところまで来ました。今回は残念でしたが、希望を持って進みます。

T様(40-44歳)
治療を止めてちょうど一年。心が揺れる日々でしたが、これからも希望を持って頑張ります!

O様(40-44歳)
年齢もあり、今しかできないことを、できる範囲で行っていきたいと思っています。
お子さんを欲しい皆さんが幸せになることを願っています。

ながいきや本舗には、毎日たくさんの方が来てくださいますがそのほとんどの方が妊活中です。

年代も40代の方が中心で、皆さん、それぞれ思いを抱えながら、毎日歩んでいらっしゃいます。

事情は皆それぞれ、当然ですが、同じ年齢でも全く違います。

歩みの速度も、それぞれです。

でも共通しているところもあります。

それは、皆さん本当に頑張っていらっしゃる、ということ。

頑張りすぎてしまって、からだと心がバラバラになっているお話もお聞きしますがそれは、赤ちゃんが欲しいという気持ちが、とっても強いし、実際に頑張っているからこそ。

本当にすごいことです。

だからこそ、横から見ている者は、ついつい言ってしまいたくなるのです。

「頑張りすぎないで」

と。

私はいつも思います。

赤ちゃんが欲しいと思うこと、これは喜びや希望を伴っている願いです。

でもいつしか、その思いが、悲しみや不安や心配の種になり常に不安と戦って、喜びや希望の入る余地がなくなってしまうのは本当にもったいない。

それは実際、血流を悪くし、せっかくの栄養も酸素もホルモンも、行くべきところに行っていない、ということになるからです。

なので、もしもし、今、赤ちゃんが欲しいという思いが不安だけ、心配だけ、悲しみだけを伴うのであれば少し立ち止まって、からだを休ませてあげてほしい。

それは時間を無駄にする、ということにはならないと思います。

むしろ、急がば回れ、願いに到達する最短の状態を作ることです。

頑張ることは、素晴らしいことです。

頑張ることで幸せならば、それでいいのです。

でも頑張ることが、自分を痛めることだったら、少し休んでみませんか。

そして仲間はたくさんいます。貴方ひとりではありません。

もしよかったら、皆さんと同じように、ながいきや本舗に声を寄せてください。

私だけでなく、ながいきや本舗に来て下さる方々が、答えてくださいますよ。

O様のお気持ちと同じように、ながいきや本舗も妊活を頑張っていらっしゃるカップルの方々皆さんが、もっともっと幸せになることを願っています。

その一助にながいきや本舗がなれることが、私たちの幸せです。


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. 卵子をしっかり育てるためには vol.1
  2. 妊活ブログ:効果を上げるためには・・・それは小腸
  3. ながいきや本舗の5S活動!!
  4. なかなか難しい・・・
  5. 妊活ブログ:男性も女性も地中海式食事を
  6. 成長って子育てだけ?
  7. 妊活ブログ:ミトコンドリアの謎
  8. NPO法人Fine「おしゃべり会」@東京のお知らせ

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP